スキルアップ

【メリット】転職はスカウトを利用した方が得なのか【デメリット】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職サイトには、スカウトシステムが採用されています。このスカウトを利用するのか、それとも自分から探したほうがいいのか、この違いは結構大きいです。

スカウトは魅力的な仕事も多いが

転職したいと思っているとき、最近は専用のサイトを利用することも増えており、これを利用していれば色々な仕事を検索することが出来ます。確かにいいことは事実ですが、自分から探すのはちょっと時間が厳しいとか、よくわからないこともあります。そこでスカウト制度を採用して、スカウトの人にお願いして仕事を見つけてもらうことも有効な方法です。もしかしたら、いい企業から誘いをもらうことが出来て、魅力的な会社へいけることもあります。

このスカウトを利用する方法として、大企業との繋がりを持つことができる点にあります。転職の際に、大企業というのは殆ど応募をする方法を採用していませんが、スカウト制度を採用しているところが多いです。力を持っている人に対して、どんどん仕事をしてもらえるようにするシステムによって、いい人材を確保することができる点にあります。サイトを利用すると、大企業との繋がりを持つことが出来るケースも多いのです。

ただ、魅力的な仕事を手に入れることが出来るものの、大企業というのはハードルが高く、自分がしたいことが出来ない可能性もあります。自分がしたいことを中心に検討しているならいいですが、あまりしたくないような方向性に持っていかれてしまう可能性もあります。大企業は、求められているものも大きいために、転職をしづらいと感じてしまうこともあります。そのため、スカウトを利用することは、メリットもそれなりにありますが、デメリットも多くなっています。

中小企業との繋がりは持ちづらい

転職サイトを利用する場合、大企業が主体となってしまうのは仕方ないところもあります。中小企業は、スカウト制度を採用しているところがありませんし、登録しているところが少ないために、どうしても仕事をすることが難しくなってしまいます。自分が探している業種を見つけることも出来ないままに、仕事を行うのはかなり厳しいところもありますので、色々な検討をすることが難しいところもデメリットです。

中小企業を狙っているなら、自分で探したほうが圧倒的に楽ですし、見つけられる範囲も広げることが出来ます。意外と中小企業は、身近なところで求人を出していることが多いので、転職したいと思ったら簡単に見つけることが出来ます。望んでいる業種かどうかによって、多少違いはあるかもしれませんが、スカウトを利用することで中小企業を探すことは難しく、そして狙うことをさせてくれない部分もあります。

本当にいい企業へ行きたいならスカウトか直接応募

自分がやりたいことが見つかっていて、この仕事をしたいと思っているなら、その仕事に対応している転職先を見つけることになります。ただ、企業が決まっているわけではないなら、スカウトを利用するよりも前に、自分が出来る仕事先が無いかをチェックしてください。これによって、仕事が出来るかどうかが大きく変わってきますし、中小企業に対しても仕事を見つけることが出来るので、仕事のチャンスが大きくなります。

既に大企業への転職を狙っているのであれば、転職サイトでスカウトを利用することによって、繋がりを持てるようにするといいです。繋がりがなければ、応募することも難しくなりますし、対応してくれないところも増えてしまいます。自分が出来ることをアピールして、実力を知ってもらうことが出来れば、スカウトのサービスを利用して転職をすることが出来ます。

ヘッドハンターを利用する方法も有効ですが、大企業を狙っている場合でなければ、自分で地道に探していく方法も考えてください。大きな企業であれば、ヘッドハンターによって関係を持たせることが、転職のためには重要なポイントとなります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る