コンサルタント・金融・不動産専門職のスキルアップ

どうしても仕事で緊張してしまう!緊張を緩和する4つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事での緊張は多くの人が感じることです。とはいえ、過度な緊張からミスをしてしまうこともあるので、できることなら緊張せずに仕事をしたいですよね。今回は、仕事での緊張を緩和する方法を解説します。

必要以上に失敗を恐れない

失敗したらどうしようとミスを恐れる気持ちはわかります。ミスをすれば上司に怒られ、同僚にも迷惑を掛けてしまいます。会社自体に損失を与えてしまうこともあるでしょう。
しかし、完璧に仕事をこなすのは非常に難しいことです。どんなに仕事ができる人でも、ミスするときはミスします。
仕事をする前から失敗したときのことを考えてしまうと、余計に緊張してプレッシャーを感じてしまいます。恐怖さえ感じることもあるでしょう。
誰しも失敗することはあります。ミスしたら、そのときはそのときです。別の仕事で取り返せばいいだけです。一生懸命に仕事をしたうえでのミスであれば、上司や同僚はわかってくれます。
必要以上に仕事での失敗を恐れる必要はありません。

他人を気にし過ぎない

同期に負けたくない、同僚よりも評価されたい、このような気持ちを持つことは向上心があってとても素晴らしいことです。
ですが、このような気持ちは、えてして緊張を招きます。
仮に同期や同僚よりも評価が劣ったとしても、一時のことです。なぜそういう結果になったのかを考えて次に生かしていけば、ライバルよりも高評価を得るときがやってきます。
人は人、自分は自分です。仕事の能力には個人差があるので、あの人ができたから自分もできるとは限りません。
負けたくない、失敗したらどうしようというプレッシャーが緊張感を増幅させてしまうので、自己能力の範囲で最大限の仕事をするように心掛けましょう。

仕事で緊張するのは「過緊張」かも?

「過緊張」とは心身の慢性的な緊張状態です。
過緊張になる大きな原因は自律神経の乱れで、自律神経の乱れはストレスによって引き起こされことが大半です。
過緊張の引き金となるストレスを解消するためには、食生活の改善、適度な運動などをして、規則正しい健康的な生活を送ることが大切です。
ゆっくりお風呂に浸かって体を温め、副交感神経の働きを良くすることも効果があります。できる限りストレスの原因となることを避けることも必要です。
過緊張によって、慢性的な心身の不調、集中力の低下などが起こると、仕事に影響してしまいます。
酷くなるとうつ症状を引き起こすこともあるので、あまりにも辛い場合は病院を受診することをおすすめします。

セロトニンの分泌を活性化させる

セロトニンとは脳内神経伝達物質の一つで、セロトニンが不足すると緊張しやすくなります。
セロトニンが不足する原因には、睡眠不足、栄養不足、自立神経の乱れなどがあります。これらを改善することで、セロトニンの分泌が活発になり緊張しにくい体質になります。
セロトニンの分泌を活発にするには、十分な睡眠をとり規則正しい生活を送ることが大切です。
また、セロトニンの分泌を促すためには食事に気をつける必要があります。セロトニンの分泌を促す栄養成分が三つあるので、これらを摂取することで緊張が緩和されます。

セロトニンの分泌を促す三つの成分

・トリプトファン
・炭水化物
・ビタミンB6

これらを含む食べ物を積極的に食べるように心掛けましょう。
これらの成分を含む主な食べ物をご紹介します。

・トリプトファンを含む主な食べ物

大豆製品、乳製品、鶏卵、魚卵、カツオ節、アボカド、バナナ、ゴマ、ナッツ

・炭水化物を含む主な食べ物

穀類、芋類、フルーツ

・ビタミンB6を含む主な食べ物

魚類、豆類、未精製の穀類、バナナ、にんにく、しょうが

●まとめ

よく芸能人や一流アスリートなどが、「緊張を楽しむ」と言いますよね。ここまでの意識になることは難しいかもしれませんが、芸能人や一流アスリートでも緊張するということを覚えておけば、気が楽になるかもしれません。
仕事で緊張する原因はさまざまなので、自分に合った方法で緊張を緩和してくださいね。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る