ITエンジニアのスキルアップ

インターネットサービス企画の仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットサービス企画とはどういった仕事をするのか?またインターネットサービス企画に必要なスキルとは?今回はインターネットサービス企画の仕事を調査しました。

編集作業とその企画を担当する

インターネットのサービスは、定期的な更新をしていかなければなりませんので、その更新する方針などを決定していかなければなりません。インターネットサービス企画は、更新するサービスについて、編集する担当と、その企画をする担当が存在します。この2つがしっかりしていると、いいサービスの更新ができるようになり、読んでもらうことができる記事が次々と生まれてくることになります。新しい企画を次々と誕生させることによって、利用してもらう人を増やすための対策も行っています。

編集している担当の人は、とにかく与えられている指示通りに、記事を作成したり、サービスを作ることになります。プログラミングの技術が必要となる場合もありますので、このインターネットサービス企画で担当している人は、大体の場合がある程度の技術を持っており、スキルとして様々なものを提供できなければなりません。編集するためには、技術をしっかり確立することが大切になっており、担当する人は編集するためのテクニックを色々と持つことになります。

企画担当は、この企画をすることによって、利用者が促進されることを目指していくことになります。インターネットサービス企画は、この企画が非常に大事なものとなっており、他のサイトにはないサービスを提供していかないと駄目なのです。今まで提供されていないような、画期的なものを作り出したり、利用してくれる人のことを考えたものを生み出します。自分が利用する立場になって、この企画が望ましいと話をすることも有効になります。

ネット上では、多くのサービスが提供されており、新しいサービスの登場、サイトで今まで行われていないような、画期的な企画も多数登場させなければなりません。インターネットサービス企画は、その中核を担う仕事であり、サイトの運営と利用者の促進、そして新規に利用してくれる人が、サイトの魅力を感じてくれるような状態にしなければなりません。

企画の仕事をしていることが重要に

インターネットサービス企画で仕事をする場合、基本的には企画系の部署に携わっているか、インターネットの仕事を経験しているかが重要になります。ネット上の仕事を経験しており、サイトの編集などを行っている人も、インターネットサービス企画として仕事が可能となります。当然サイトを更新するためのスキルが必要となっており、WEBデザイナーとして仕事を経験しているか、それに近いことができていないと、仕事は難しくなります。

運営しているサービスが、現時点でどこが悪いのか、マーケティングなどを通じて理解することも必要になります。マーケティング部門で仕事をしていることも、実はインターネットサービス企画では重要になっています。同じ企画を何度も繰り返すことはできませんし、利用している人が、また同じじゃないかや、他にも同じことをしているサイトがあると思われれば、それだけで価値が薄れてしまいます。

企画をする人は、相当柔軟な想像力、企画をするときに奇抜とされていることを検討しなければなりません。しかし、実現することが困難とされている方法は望ましくないので、基本的には企画をする方が、実現できるかを判断して、他の人と相談をしなければなりません。そして、実現できることが分かっているなら、インターネットサービス企画として進めていくことになります。

ネット上のサービスに詳しい人が、インターネットサービス企画では大切になってきます。多方面でサービスを利用しており、同じような企画をしないこと、サービスが被らないようにする工夫も必要になり、この仕事は多くの知識を有している人が担当することになります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る