クリエイティブ

インテリアコーディネーターとは 仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテリアコーディネーターとはどういった仕事をするのか?またインテリアコーディネーターに求められることとは?今回はインテリアコーディネーターの仕事を調査しました。

インテリアコーディネーターって?

皆さんはインテリアコーディネーターという職業をご存知でしょうか? ご存じでない方もその単語からおおよその仕事の内容は想像できるのではないかと思います。インテリアコーディネーターとは住宅や店舗、オフィス、公共施設などのインテリアを依頼主からのオーダーに応じてアドバイスをする仕事です。つまりはその空間に設置されるインテリアによって依頼主の求めるイメージを表現することが仕事なのです。

そんなインテリアコーディネーターですが働く場所によってその仕事の内容は大きく変わります。例えば住宅設備のメーカーに勤める場合は自社製品についての知識を深く持ち、自社製品を中心に使ったコーディネートを考える必要があります。

また分譲住宅を扱う不動産業者に勤める場合はモデルルームのコーディネートが仕事になりますし、一般の住宅のインテリアを担当する場合はまずはどのような雰囲気にしたいかという依頼主の要望。そこに家族構成、予算などを加味し、それらの情報を基に、内装の壁紙や家具、照明、小物などを組み合わせて依頼主の要望に合った居住空間をコーディネートします。

住宅設備のメーカーであれば自社製品をより良く見せる為ののコーディネート、不動産業者であればより良い物件に見せる為のコーディネート、一般の家庭であれば求められる雰囲気を保ちつつも生活のしやすいコーディネートというように仕事場によって求められるものは大きく変わって来るのです。

そしてインテリアコーディネーターが求められるのは住宅だけではありません。オフィスや商業施設、公共施設など、あらゆる建築物のインテリアのコーディネートを求められてくるのです。

インテリアコーディネーターに必要なスキル

インテリアコーディネーターになるために必須とされる学歴や資格は存在しません。しかしインテリアコーディネーターの資格は存在しそれを持っている場合は就職の際に非常に有利になります。インテリアコーディネーターというのは自分の持っている技術を相手に伝えにくい職業です。特に未経験者の場合はなおさらでそう言った場合にその資格は自分がインテリアコーディネーターとして働けることを証明するには最適なのです。

ではそれ以外でというと空間デザインや建築関係のスキルがあるとよいでしょう。空間デザインは依頼主のイメージに沿ったコーディネートをするのに学んでおいて損の無いスキルですし、それでいて機能性のある空間を作り出すには建築系の知識やスキルもあって損はありません。

しかしなんといってもインテリアコーディネーターにとって最も求められるスキルは美的感覚です。依頼主の要望以上の空間を作り出す為にはそれを磨いていかなくてはなりません。日頃から他のインテリアコーディネーターの仕事をチェックしたり、美術館に通ったりするなど美的感覚を磨く努力は日頃からしておくべきでしょう。自分の部屋の模様替えなどが趣味で日常的に行ってるような人には向いている仕事なのではないでしょうか。

インテリアコーディネーターに就くには

昨今の世の中では選択肢に入る商品の数が膨大になっていることもありそれらを選択し依頼主の要望通りの空間を生み出すインテリアコーディネーターの需要は高まっています。仕事場となる分野が広いこともあり求人も比較的多く見かけます。しかし未経験者募集の求人はあまり多くなく、ある場合でも経験者が優先されることの方が多いです。ですので前述したとおりにインテリアコーディネーターの資格を入手するか、経験を積むためにまずはアルバイトや派遣社員から業界に飛び込むのも一つの手かもしれません。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る