クリエイティブ

コピーライターとは 仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コピーライターとはどういった仕事をするのか?またコピーライターに求められることとは?今回はコピーライターの仕事を調査しました。

コピーライターって?

皆さんはコピーライターという言葉は聞いたことがあるでしょうか? 言葉だけは聞いたことがあるけどあまりピンとこない人が多いかもしれません。

コピーライターというのは商品や起業を宣伝するための雑誌や新聞などの広告やCM、ウェブ広告などに使われる文言を書くことを職業とする人の事です。コピーというのは一般的に浮かぶ「複写」ではなく「文言」としての意味合いのコピーです。それをライティングするからコピーライターなわけですね。

さてそれだけ聞くと簡単な職業なのではないかと思う人は多いと思います。なぜなら多くの広告でそこに記述されている文言というのは短い一文であることが多いです。たった一言を決めるだけで報酬がもらえるなんて簡単な仕事だと思うのも無理もありません。しかし実際はそれほど簡単な事ではありません。その一言を決める為にも様々な工程が必要となって来るのです。

コピーライターの仕事

コピーライターの仕事の始まりはまずクライアントとのオリエンテーションからになります。そこでまずクライアントの広告したい商品やサービス、それらの抱える課題や広告の目的、そして予算などの説明を受けます。

オリエンテーションが終わったら広告のコンセプトを決めていきます。その商品やサービスの市場を見極め、冷静に広告物を分析し、ターゲットを分析して何が求められているのかを導き出します。その為には当然膨大な資料の読み込みが必要ですし、時にはクライアントへの取材や販売されている店舗へのリサーチも必要になって来るでしょう。広告に記述されるのが経った一言でもその方向性を決めるにはそれらの積み重ねが必要なのです。

方向性が決まったらようやく文言を考える作業に入ります。その一言で消費者に買うという行動を起こさせる文言です。さらに付け加えるならば覚えやすく説得力のある文言でなくてはなりません。頭の中で消えずに反響し思わず商品を買ってしまう……そんな文言です。それを導き出す為には無数の試行錯誤が必要です。ぱっと思い浮かぶなんてことはまずありませんから数十、数百のコピーを作ってそれらをクライアントと検討したうえで残った一本だけが世に出されるのです。

そして文言を決定してもコピーライターの仕事は終わりません。サブキャッチ、タグライン、ボディコピー、見出しやスペック、クレジットなどのライティングなどもコピーライターの仕事です。場合によってはネーミングやCMのナレーション、はてまてはCMソングまで考えることがあるかもしれません。

プレゼンテーションの企画書を書くのもコピーライターですし、現場でクライアントに企画の説明をするのもコピーライターです。コピーライターはただ文言を考えればいいという仕事ではないのです。

コピーライターに求められるスキル

コピーライターになるのに必要な資格などはありません。未経験者募集が多く見られることもあるようにそれだけ見れば誰にでもなる事が可能な職種です。しかし当たり前ですがなれることと続けていけることの間には大きな差があります。

必要なスキルとして言葉のセンスは誰でも浮かぶと思いますが重要なスキルとしてリサーチ能力が必須と言えます。一体何が求められているかが判断できなければいくら言葉にセンスがあってもそれはずれたものになってしまいます。同様にマーケティングのスキルなども磨いていくべきでしょう。コピーライターは自分の言葉を商売にする仕事ではなく、求められている言葉を導き出すのが仕事なのです。

最後に

コピーライターは簡単にできるように見えてできない仕事です。それを目指す為にはまずは入念な下調べと必要なスキルを身につける努力が必要でしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る