コンサルタント・金融・不動産専門職のスキルアップ

コミュニケーション能力を上げて会社でうまく話すポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をする上でその内容よりも重視されるのがコミュニケーションです。しかしそうは言っても、職場でのコミュニケーションがうまく取れず悩んでいる人も多いでしょう。今回は改善のためのポイントをご紹介します。

コミュニケーションの重要性を知ろう

まず、なぜ仕事をする上でコミュニケーションが必要なのでしょうか。若い社会人の方は、「仕事さえできていれば問題ない」「コミュニケーションのために飲み会に行くなんてありえない」と思っていることも多いでしょう。
しかし、現在の社会ではやたらとコミュニケーションが求められます。ここまでそれが求められる時代になるとは、20年前には考えられませんでした。コミュニケーションとはいわば「意思疎通」です。これは、相手のことを感じ取るのと同様に、自分のことをうまく伝えなくてはいけません。これが両方ともできていると「あいつはうまいヤツだ」という評価を与えられ、上司にも可愛がられることでしょう。
つまりコミュニケーション能力とは、もはや会社でうまくやっていくための「スキル」の一つとなっているのです。しかし学校ではわざわざ学ばなかったことなので、「突然コミュニケーションスキルが必要と言われても!」と憤慨する新社会人が多いのです。
しかしそこで諦めてはいけません。もし少しの努力でそのスキルが身に付くなら、あなたの将来はどこに行っても明るいものになるでしょう。

聞くスキルを上げよう

コミュニケーションのスキルと言うと、うまく話したり相手を笑わせたりしなくてはいけないと焦るかも知れません。しかし基礎としては自分が話すことよりも、「聞くスキル」の方が大切なのです。つまり、相手に「この人には話しやすいな」「何でも話せるな」という印象を付けることが第一。たとえあなたが心の中で焦っていたとしても、それを見せずに相手に気持ちよく話してもらう、ということこそがコミュニケーションの重要なポイントなのです。
しかしやりがちなのが、相手の話をさえぎってしまうこと。ついつい自分も話さないといけないと、要らない口を挟んでしまうことがあると思います。しかしそれをしてしまうと、相手は無意識にイラッとしてしまいます。聞くスキルを身に着け、相手の話を最後まで聞き、適切なあいづちをつけるようになると「あいつはコミュニケーション能力が高い」という評判になるでしょう。

話すスキルはこうやって上げる

難易度が高いのが、話すスキルです。これを向上させるにはまず「はっきり話す」ことから始めます。そんな簡単なこと!と思う人は元のスキルが高い人でしょう。コミュニケーションがうまく取れない人には、はっきり話せない・声が小さい(大きすぎる)という難点があります。まずはゆっくり・はっきり言葉を発する。その時には下を向かない。これを守るだけで、話の内容はさておき「話ができるやつ」という印象を相手に与えることが可能です。
それに気を付けたら次は「タイミングをはかる」ことに注力します。話に入るタイミングを間違うと会話の流れが変わってしまうため、一番注意したいポイントです。自分の言いたいことだけを言わない、会話の中での相手の質問には答えるということに気を付け、会話を中断させることのないようにしましょう。
また、情報をまとめて伝えることも重要です。話の肝を相手に伝えることができなければ、仕事になりません。ただしここで間違えてはいけないのは「正確さだけが大事ではない」ということ。上司のタイプやその場の雰囲気をうまく読み取って、「話の肝をどのように伝えるか」を瞬時に判断することが求められます。これができるようになれば、コミュニケーション能力は高くなったと思って良いでしょう。

会社において重要視されるコミュニケーション能力は、「聞く」「伝える」のふたつでほぼカバーできます。せっかく同じ場所で働く仲間とは、いい関係性を保ちたいですよね。少しの努力でコミュニケーション能力は向上します。あなたと話すのが楽しい!と言ってくれる人を増やすために、頑張ってみましょう。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る