WEB・インターネット・ゲーム

サウンドクリエイターの仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サウンドクリエイターとはどういった仕事をするのか?またサウンドクリエイターに必要なスキルとは?今回はサウンドクリエイターの仕事を調査しました。

サウンドクリエイターの仕事内容とは?

サウンドクリエイターとは、ゲームのテーマ曲や効果音、またはサウンドトラックや携帯電話などの着メロなど、幅広いコンテンツにおいて作曲作業を行う仕事となります。音楽を生み出すということで、作曲家などとジャンルは同じですが、最近では、インターネットが爆発的に普及することで、デジタル技術が普及し、そして音楽をプログラムに換えるなど、作曲を専門に行う仕事だけではなくなってきています。このため、サウンドクリエイターは、音楽の知識、作曲のセンスなども必要とされますが、さらにはコンピュータや器械などに関しての知識や専門的なテクニックも必要とされます。

また、サウンドクリエイターの仕事は、クライアントから依頼を受け、作曲作業を行いますので、自由に作曲をしていいというわけではなく、依頼主の要望に応じた音楽を制作しなければなりません。さらに消費者に需要がなければいけません。どういった音楽が求められているのか、ということを考えて的確に表現する力が必要とされています。

現在、インターネットの普及、ゲームアプリの普及により、サウンドクリエイターの活躍の場はますます広がりつつあります。その一方で、正社員として勤務をするだけでなく、多様な働き方も増えてきており、サウンドクリエイターの中でも、フリーランスとして仕事を請け負っている個人のクリエイターも増えてきています。

サウンドクリエイターのやりがいや、大変さとは?

サウンドクリエイターの仕事は、音楽が好きな方には最適な仕事であり、やりがいのある仕事であるといえるでしょう。映画、ゲームなどのエンドロールのクレジットなどに自分の名前が載ることになりますので、やりがい溢れる仕事であり、形に残る仕事です。自分の作品が評価されると、大多数の人から知ってもらえることにもなりえます。サウンドクリエイターの場合、自由に作曲をして良いというわけではなく、予算、そしてファイルの容量などの制約があり、また締切なども厳守をしなければなりません。

また、時には、映像クリエイター、プロデューサーとチームを組み、サウンドを制作することも必要となりますので、コミュニケーションスキルも必要とされる仕事です。現在においては、DTMの発達などにより、誰でも音楽が作ることができる現代ですが、クリエイターとして働くためには、さらには強い個性や、技術、オリジナリティが求められています。

サウンドクリエイターになるためには?

サウンドクリエイターになるためには、サウンド制作について知識を習得することができる、専門学校やスクールで学ぶことも一つの方法です。専門知識が必要とされる仕事ですので、これらの知識をまずは習得をすることが必要です。

しかし、DTMに触れた経験があり、自ら独学で学び、未経験からチャレンジして成功をしている方も少なくありません。特に資格なども必要がありませんし、自分の才能とセンスさえあれば、可能性はある世界です。

サウンドクリエイターの求人は、現代においては、モバイルコンテンツなどを中心として増加し続けており、全国的に需要が増え続けています。サウンドクリエイターに向いている人ですが、時代の流行を先読みできる人や、エンターテイメントに興味がある方、また大衆の要望を汲み取ることができる方が向いている、といえるでしょう。また、パソコンの操作を行うことも多いので、パソコン技術がある方や、パソコンの操作に自信がある方には向いています。また、サウンドクリエイターは一人で作業を行うというわけではなく、多くのスタッフと共同作業をするケースも増えてきていますので、コミュニケーション能力も求められる仕事です。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る