ITエンジニアのスキルアップ

システムディレクターの仕事内容と必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

システムディレクターとはどういった仕事をするのか?またシステムディレクターに必要なスキルとは?今回はシステムディレクターの仕事を調査しました。

システムディレクターの仕事内容とは?

システムディレクターの仕事内容とは、主に、インターネットのwebサービスなどの開発や、まはた要件定義等を行い、またはシステムの設計を行うという仕事内容となります。システムの設計は、概要だけを設定することもあれば、詳細まで設計を組むこともあり、マルチな知識が必要とされるといえるでしょう。

また、システムディレクターの仕事は、製作スタッフをまとめながら、そして制作に関する進行管理などを行う、開発のプロジェクトマネジメントとなります。

また、作りあげたwebインターネットサービスの、運用管理なども行い、不具合があれば、修正をしたり、より利用者が利用しやすく改善することも一つの仕事であるといえるでしょう。

システムディレクターの仕事は、webサービスの開発、そしてプロジェクトのマネジメントが主な仕事となり、クライアントと、製作スタッフをまとめ上げ、要求に沿ったものを作り上げることが必要とされます。

システムディレクターに必要とされる経験・スキルとは?

システムディレクターに必要となる特別な資格はありませんが、web関連の資格を持っていれば、有利となることも多いです。専門学校、スクールなどに通い、システムディレクターとしての講習を受けることも大切ですが、中には未経験からプログラマーとして経験を積み、システムディレクターとして活躍されている方も少なくありません。

システムディレクターとして必須の経験は、プログラミング実務経験であるといえるでしょう。システムを管理するためには、プログラムに関する知識や技術が必要とされます。このため、プログラマーからシステムディレクターになり活躍されている方も少なくありません。

さらに、システムの要件定義であったり、さらにはプログラムや、インターネットサービスなどの設計の実務経験があることも望ましいといえるでしょう。これらの実務経験が豊富であれば、活躍の場は幅広いです。システムディレクターの活躍の場は、まずはWeb制作会社、そしてシステム開発会社、サービスプロバイダー系会社、さらには広告代理店があります。また、働き方もさまざまであり、正社員として働く働き方もあれば、契約社員、また派遣社員として働く方も多いです。

自分自身にスキルがあれば、さまざまな会社で活躍することも可能ですし、また独立し企業をして成功を収めている方も少なくありません。しかし、この場合は、人脈と営業力が必要となります。中小企業の場合、営業などを兼ねて仕事をすることもありますし、またwebデザインも兼ねて仕事行うこともあります。

システムディレクターとして必要なスキル、向いている人とは?

システムディレクターは、インターネットサービスの開発、そして設計を行い、それらをマネジメントするという仕事になります。

このため、物事の論理性を重視することができ、そしてバランスがとれ、現実的な回答を導きだすことができるという方が向いているといえるでしょう。また、技術が好きな方で、プログラミングに関する知識が豊富で、仕様や適した言語などを知っておくことが必要ですし、さらにはこれらのwebプログラム全般に興味がある方が望ましいといえます。アンテナが広く、常に最新のプログラムについて知ろうとする向上心も必要とされます。

また、クライアントと製作スタッフを橋渡しするという仕事になりますので、コミュニケーション能力も必要ですし、人脈が豊富な方にも向いているといえるでしょう。チーム全体をどう動かしていき、そして効率化することができるか、ということが重要となりますので、チーム統率力も必要となります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る