クリエイティブ

スタイリストとは 仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイリストとはどういった仕事をするのか?またスタイリストに求められることとは?今回はスタイリストの仕事を調査しました。

スタイリストって?

皆さんはスタイリストという職業をご存知でしょうか? おそらくはテレビなどの芸能関係で耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。スタイリストとはテレビにCMや雑誌、カタログなどでタレントやモデルに着せる服や周辺の小物をコーディネートする人の事を言います。

スタイリストの働き方には大きく二つあり一つは事務所などに所属して働く方法ともう一つはフリーで活動していく形になります。事務所に所属している場合は基本的に事務所が請け負った仕事を割り振られる形で働きます。仕事内容は多岐にわたり、テレビや雑誌、広告、デパートのカタログ、メーカーのパンフレットなど様々な媒体に出演するタレントやモデルに対してのファッションコーディネートを行います。スタイリスト事務所に所属すれば様々なジャンルの仕事を体験することができその業界の人との繋がりも作ることが出来ます。まずは事務所に所属して経験と人脈を広げてからフリーになるスタイリストが多いようです。

ですが仕事の内容自体はフリーでも事務所に所属している時とは変わりません。しかし仕事は自分で取って来なくてはなりませんし、細々とした雑務もアシスタントを雇わない限りすべて自分で行う必要があります。ですが事務所に所属していた時と違って自分の自由に仕事を組むことが出来るという利点がフリーにはあります。生活が掛かっているのであまり選り好みはすべきではありませんが、自分のやりがいのある仕事を優先して受けられるのがフリーの強みでしょう。

スタイリストの仕事内容

スタイリストの仕事は依頼を受けたらまず打ち合わせから始まります。その案件の内容からモデルやタレントに求められるイメージ。実際にコーディネートする服装などを入念に打ち合わせます。打ち合わせが終わったらその案件分の衣装や小物のリースを手配します。

そして当日になったらモデルへのコーディネートです。モデルから意見や実際に着せてみての印象などによって随時修正が必要な場合は修正していきます。当日に急なリースは難しいですからこの場合にはその場にある物利用するなどのスタイリストの応用力が求められます。

コーディネートが終わったら撮影です。その際にもやはり状況に応じて急な修正を求められることがありますので注意が必要です。撮影が終わったら写真や映像を確認して問題が無ければ後片付けをします。使い終わった衣装や小物をリースに返却していきます。

スタイリストになるには

スタイリストになるのにはこれと言って決まった道はありません。ですが確実なのはスタイリストアシスタントとして経験を積んでランクアップしていく事でしょう。その為にはまずスタイリスト事務所のアシスタント募集に応募して採用される必要があります。もちろんフリーのスタイリストに直接指示する方法もありますが何らかのつながりがないと難しいでしょう。

スタイリストになるのには特別な資格などは必要ありませんがやはりその道に関わるスキルを持っていたほうが就職には有利です。そういったスキルを身につける為にはやはり服飾系の専門学校などで学ぶのが一番確実でしょう。講師などは業界の人間であることが多いのでそこから業界へのコネを作る事も出来ますし、何よりもスタイリストとして活動するためのふぁっよん全般の技術を学ぶことが出来ます。

最後に

前述したようにスタイリストになる道はいくつも存在します。だからこそ自身がスタイリストになるという明確な意識が必要になってきます。方法がいくらでもあるからとふらふらするのではなくどんな方法でもスタイリストになれるという実力を身につけるべきでしょう。その道を目指すならそれを忘れないようにしてください。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る