ITエンジニアのスキルアップ

テクニカルディレクターの仕事内容と必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テクニカルディレクターとはどういった仕事をするのか?またテクニカルディレクターに必要なスキルとは?今回はテクニカルディレクターの仕事を調査しました。

テクニカルディレクターの仕事内容とは?

テクニカルディレクターの仕事内容とは、ホームページや、サイトなどを作成するうえで、実現するために必要とする技術、そしてシステム上の仕組み、そして最適な機能などをその知識で提案をし、そして対応を行う責任者となります。ホームページを作成するうえでの、その検索性、または操作性の良さを常に考え、サイトの質を向上させます。また、利用者にとって使いやすく、利便性の良い仕組みとするため、技術力や知識を発揮しなければなりません。似たような職業で、ウェブディレクターや、ウェブプロデューサーの仕事がありますが、テクニカルディレクターの場合には、実際にホームページ制作にも携わることも多いです。

また、webデザインという職種は、比較的新しい職種であるため、テクニカルディレクターと言う仕事の場合、スキルのあるwebデザイナーがこちらの仕事を兼ねていることも多いです。特に中小企業などでは、兼任をしていることがほとんどであるといえるでしょう。しかし、インターネットの爆発的な普及に伴い、これらのwebデザインに関することをマルチ的にこなせる人材が求められているといえるでしょう。

テクニカルディレクターになるためには?

テクニカルディレクターとは、比較的新しくできた職業であるため、ウェブプロデューサーといった職種と兼任することも多く、ウェブディレクターと呼ばれることも多いようです。テクニカルディレクターの活躍の場は幅広く、WEB制作会社、そして広告代理店や、デザイン事務所などがあります。働き方もまちまちで、正社員としての採用もあれば、契約社員、また派遣社員、そしてアルバイト、パートとしての働き方もあります。また、技術や経験を習得し、そして独立し起業する方も少なくありません。事務所を設立したり、フリーランスとしてwebデザイナーと兼ねてマルチに活躍されている方もいます。インターネットが普及している現代では、需要がありますので、自分自身で働き方を選ぶことができる職業であるといえるでしょう。

テクニカルディレクターの労働条件と必要なスキルとは?

テクニカルディレクターの仕事は、非常に責任が重い仕事であり、webサイトを作り上げる責任者としてクライアントの要求にこたえなければなりません、技術や経験があれば、活躍の場は広がりますが、もしも修正すべき点があれば、それらを修正しなければならないため、残業があることもあります。

多くの会社において、テクニカルディレクターは、複数のプロジェクトを同時に担当し、進行していくということは珍しくありません。このため、スケジュール設定、または進行管理などのスキルが必要ですし、製作スタッフをまとめるというコミュニケーションスキルも必要となります。テクニカルディレクターは、クライアントと現場をコントロールする司令塔の様な仕事であり、責任感とリーダーシップも必要となります。

また、テクニカルディレクターに必要とされるスキルとして、Illustrator、Photoshopなどの操作スキルは有利になることも多いですが、必ずしも必要であるというわけではありません。テクニカルディレクターの場合には、どちらかというと、企画力や提案力、またプログラミングやデザイン、コーディングなどの理解力が必要となります。また、クライアント、そして製作スタッフをつなぐコミュニケーション能力が必須です。テクニカルディレクターになるためには、特別な資格は必要がありませんが、プログラマーや、webデザイナーとして経験を積み、その後テクニカルディレクターとして活躍される方が多いようです。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る