WEB・インターネット・ゲーム

ニートから脱出するには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニートという状態が長引けば長引くほど仕事をするのが怖い、社会復帰が出来るかどうか不安という状態に陥りやすくなります。ニートから脱出するために必要なことは何かを考えてみましょう。

何が原因でニートになったのかを考えよう

ニートと言う状態は、いわゆる無職であり仕事をする気が無いと言った状態であると言えます。
その状態が続けば続くほど精神的にも追い詰められてしまうことになりますし、ニート状態に慣れてしまうと仕事を全くする気が起きないと言った最悪の状態に陥り、社会復帰するのも難しくなってしまいます。
もしニートから脱出したいのであれば、まずは何が原因でニートになったのかを考えてみることが必要となります。
ニートになった原因には仕事によるストレスで体調を崩した場合や、怪我などでやむ負えずニートにならざる負えなかったといったケースと、仕事自体が嫌いでニートになったとか自分に合う仕事が見つからずに職を転々とする間にニートになってしまったと言ったケースも考えられます。
この場合ニートになった理由も全く違いますし、体調を崩したり怪我をした場合とやる気が無いとか合う仕事が見つからないからニートになった場合とでは対処法も全く異なることになります。
怪我や体調を崩した場合に関しては体を健康にすることでニートからの脱出が可能になることもありますが、仕事嫌いや自分に合う仕事が分らないケースの場合はそれに応じた対処法を考えることが脱出の手掛かりとなります。

今の生活習慣を変えることから始めよう

ニートから脱出したいと考えている場合、少なからず今の状態がマズイと自分自身で認識しているわけです。
その場合まずは今の生活習慣を変えることから始めると良いでしょう。
ニートという状態では生活習慣が大きく乱れていることも考えられ、昼夜逆転していたり常にごろごろして過ごす、家から一歩も出ないといった状態になっていることもあるでしょう。
その場合今の状態がマズイと分かっていてもそれを改善することが出来ないため、まずは規則正しい生活を心がけることと、家から外に出て太陽を浴びてみる、街に繰り出して社会を感じてみることが必要となるでしょう。
生活習慣を見直し規則正しい生活になることで精神的にもだらけていた状態が改善されることになりますし、太陽の光を浴びることは体を活性化し前向きな思考にチェンジすることにも繋がります。
何より街に繰り出すことで社会がいまどのような状態になっているかを身を持って体感できるため、仕事をしたいという気持ちを高めることにもなるでしょう。
もしかしたら、街を歩く中で自分に合った仕事を見つけることが出来るかもしれません。体調面に関しても、規則正しい生活をすることで大幅に改善することができますので、生活習慣を変えることで大きな一歩を踏み出すことが出来るでしょう。

まずはアルバイトからでもいいので仕事を開始しよう

ニートから脱出するためには仕事に就くことが重要ですが、いきなり正社員として雇用された場合、仕事が精神的な重荷となり、またニートに逆戻りすることも考えられます。
そのためいきなり頑張りすぎるのではなく、段階的に社会復帰をしていくことが重要です。
以前の仕事で精神的負担を感じてニートになった場合には、特にまた同じ経験をするのではないかと言った恐怖心を感じる恐れもありますので、アルバイトやパートといった短時間の仕事から社会復帰を目指すことも必要となります。
アルバイトであれば正社員ほどの負担は有りませんし、働く時間も短く出来る為肉体的にも精神的にもそれほど重荷になることは無いでしょう。
アルバイトに慣れたら次はパート、それにも慣れたら正社員で働くと言った具合に段階を踏むことで、ニートから少しずつ社会復帰することが可能になるのではないでしょうか。
ニートという状態に危機感を抱いた場合、どうしても焦って仕事を探し就職しようとする傾向が強くなりますが、焦りは禁物だと理解し、少しずつニートからの脱出を行うようにしましょう。

eyecatch_057
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る