仕事を探す

バイヤーとは。バイヤーの仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイヤーは英語表記で「Buyer」と表記し、買い手や仕入れ人の事を指します。バイヤーはあらゆる職種や業界で使用される言語であり、バイヤーが買いつけを行う仕入れ商品もまた様々な種類があります。今回は、「バイヤーのお仕事」について詳しくご説明をさせていただきます。

バイヤーとは

バイヤーが行う主な業務内容は、商品の仕入れです。
ただし商品の仕入れと一口に言っても、バイヤーは仕入れた商品が売れる事を見込める「売れ筋商品」を大量の商品の中から選び、見極めを行って商品の生産元から買い付ける必要があります。
また、バイヤーによっては商品を買い付けて仕入れるだけではなく、仕入れた商品を実店舗やインターネットの通信販売サイトに陳列する業務を行う事もあります。

女性に人気「ファッション・コスメ業界のバイヤー」について

バイヤーが仕入れる商品の種類は、服や宝飾品、化粧品などのコスメ、食品、雑貨、家電製品、家具、靴やかばんなど多岐に渡りますが、この中でも特に女性に人気の高い仕入れ商品のジャンルが「服などのアパレル商品」と「化粧品などのコスメ商品」です。
ファッション関係や化粧品などのコスメ関係のバイヤーは、主にセレクトショップと呼ばれる「服や靴のみを取り扱う」「化粧品のみを取り扱う」特質を持つ店舗の仕入れ業務か、デパートや量販店などの大型商業施設のファッション・コスメ関連の化粧品類の仕入れと買い付けを一手に任される仕入れ業務のどちらかのパターンでの仕入れ業務を行うケースが多いです。

商品の価格やレイアウトを決めるのもバイヤーの仕事

バイヤーは英語で「Buyer」と表記される通り、「買い付けを行う仕入れ手」ですが、実はバイヤーのお仕事は仕入れ業務ばかりではなく、買い付けを行って仕入れた商品に価格をつけたり、仕入れた商品を実店舗やインターネットの通信販売サイトでどのようにレイアウトを行って商品陳列を行うのかを決める業務もバイヤーのお仕事の一つでもあります。
つまり、バイヤーは商品の仕入れ業務にかかわる「買い付け能力」だけではなく、仕入れた商品をお客様にどのようにしてアピールし、伝えてゆく事が出来るかを考える「商品の魅力を出来る限り引き出す能力」も合わせて求められる事となります。

バイヤーのお仕事の醍醐味

バイヤーのお仕事の醍醐味は、海外に直接自分が赴いて商品の買い付けを行い、現地の問屋の業者と交渉するなどの「海外で体験出来る特有の雰囲気」を自分の身体で実感出来る、という点と、自分が仕入れた商品をお客様に提供する為に陳列やレイアウトも自分自身で考え、そしてお客様の反応が売り上げという形でダイレクトに返ってくる「自分が仕入れた商品が売れる喜び」という点の2つの醍醐味があります。

バイヤーのお仕事では、海外や国内各所に出向いての買い付けや、問屋の担当者との交渉においては自然とお仕事をこなす内に「ファッションセンス」や「コミュニケーション能力」がつき、仕入れた商品を実店舗やインターネットの通信販売サイトに陳列やレイアウトを行うお仕事を行う内に「データの分析力や計算力」が身につくというメリットがありますので、これらの能力を将来的に鍛えておきたい、という方にとっても、バイヤーのお仕事は適していると言えます。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る