スキルアップ

パートナーセールスの仕事とその重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パートナーセールスとはどういった仕事をするのか?またパートナーセールスの仕事に必要なスキルとは?今回はパートナーセールスの仕事を調査しました。

パートナーセールスとは?

一般的なセールスというのは、自分自身が顧客に対し製品やサービスを売り込み購入や契約を成立させるのが仕事となりますが、パートナーセールスは顧客相手ではなく、商品やサービスを販売、展開してくれる代理店などを相手にしてセールスを行うメーカーのセールスのことを指します。パートナーセールスとはその名の通り、代理店や販売店のパートナーとなり一緒に事業拡大や売上アップを行うパートナーとしての役割が大きく、パートナーセールスの力量次第でその販売店の戦略や売上に大きく影響を与えることになります。そのためパートナーセールスの存在はとても大きなものであるといえるでしょう。もしパートナーセールスがいなければ、メーカーは商品の拡大が難しくなりますし、販売店は商品を詳しく知ることが出来なくなるのでパートナーセールスはとても重要となります。

パートナーセールスが担う仕事内容

パートナーセールスはメーカーと販売店や代理店のパイプの役目も果たすことになりますので、単にメーカーの商品やサービスを販売店に売り込むだけではなく、メーカーの考えていることを販売店に伝え浸透させることや、逆に販売店の要望や不満といった声や、メーカーに対する改善して欲しい点といったものを持ち帰り、それを上に上げてメーカーのサービス向上や製品向上に役立てるということも仕事の一つとなります。そのためパートナーセールスがメーカーと代理店などのパイプとして機能していない場合、サービス向上も見込めなくなりますし、メーカーからの指示が代理店や販売店に上手く伝わらないということも起きてしまうことになります。基本的には単にセールスを行うだけではなく、如何にして代理店の売上をアップさせるかがひいてはメーカーの売上アップにも繋がることになりますので、代理店や販売店の売り出しの企画や販売促進に繋がる提案なども仕事として行うことになります。

パートナーセールスに求められるもの

パートナーセールスに求められるものとしては、メーカーの代理として販売店や代理店に携わっていき、商品やサービスを販売してもらうことになるわけですので、自分の所属する企業の商品やサービスに精通しておく必要があります。そのため商品知識やサービスの知識が正確で豊富であることはもちろん、商品の使い方やサービスの特徴などを尋ねられた場合に瞬時に説明できるスキルも必要となります。それと新しい商品やサービスなどが出る場合に、それを代理店などにスピーディに伝えることが出来る迅速さもパートナーセールスには求められるものとなります。もしパートナーセールスの情報伝達が遅い場合は、商品などを販売する販売店はそれだけ情報を得るのが遅くなり、伝達が早い販売店に比べてそれを展開するのが遅くなってしまいます。そうなると出遅れを取り戻すのは非常に難しくなることも考えられますので、パートナーセールスの伝達能力が優れているかどうかがとても大きな影響を及ぼすことになります。それとメーカーと販売店のパイプ役としての役割が大きいですので、それぞれの立場を理解して最も良い販売方法などを導き出すことが出来る柔軟な思考が出来ることも必要なスキルとなりますし、言われたことは確実に実行する行動力も必要となります。それと販売店を支える役割を担うわけですので、交わした約束は確実に守るということもパートナーセールスには必要となります。約束を守れないセールスだと信頼してもらえなくなりますし、最悪の場合メーカーとの取り引きもやめるということにもなりかねません。メーカーと代理店や販売店は、信頼しあうことで繋がっているといえますので、間を取り持つパートナーセールスに対する信頼性は、そのままメーカーへの信頼性に繋がるものだと考える必要があります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る