グローバル

プライベートを犠牲にしてでも仕事の勉強はした方がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私的な時間に仕事の勉強をするのは、プライベートを大事にしたい人は納得できないですよね。疲れて勉強なんてできない人もいるでしょう。はたして、プライベートを犠牲にしてまで勉強をした方がいいのでしょうか?

スキルを高めれば給料アップに繋がる

その人が持っているスキルに応じて給料が違ってくる場合があるので、プライベートで仕事の勉強をするしないによって、他の人と差がつきます。
勉強したから給料が上がるわけではなく、スキルを向上させて仕事に生かしていくことで、給料アップに繋がります。
欲がある人は勉強するべきですが、ない人はしなくていいでしょう。

一流を目指すならプライベートでの勉強は必須

基本的な仕事をこなすための勉強は、どんな仕事でも必要です。
逆に、基本的な仕事さえこなしていれば、勉強する必要はないともいえます。とりあえず普通に仕事はできているので、文句を言われることもありません。
要領がいい人は勉強しなくても、ある程度の結果を出して、それなりの評価も得られるでしょう。しかし、業界で一流を目指すなら、プライベートでの勉強なしでは無理です。
その道で一流の人は、日々勉強してスキルアップに努めています。何十年その業界にいようが、誰よりも勉強しています。
プライベートでの勉強なくして、一流にはなれないのです。

仕事とプライベート、どちらを優先するのか?

プライベートを優先するのはかまいません。しかし、プライベートを優先するあまり、仕事に対する姿勢が悪ければ、当然評価は下がりますし、クビになることもあるでしょう。
それでもかまわないなら、勉強する必要はありません。困るなら勉強するべきです。いつまで経っても入社当時のままでは、配置転換や左遷になっても文句は言えません。地位がほしい、良い待遇を受けたいのであれば、プライベートでも勉強しましょう。

同期や後輩に先を越されてもいいなら勉強する必要はない

新入社員の場合、早く仕事を覚えるために学生時代より勉強するのは当然といえます。
新人は、何年、何十年と勉強している先輩たちとの差は歴然です。しかし、基本的なことの差は、一日も早く埋める必要があります。その差は誰かが埋めてくれるものではなく、自分で埋めなければならないのです。
仕事をしている限り、一生勉強です。向上心のある人は、プライベートな時間の多くを自己研鑽に充てています。
仮に、勉強しない同期がいるからと同じように勉強しなければ、向上心のある新人に、あっという間に先を越されるでしょう。
それでもいいなら、勉強する必要はありません。

プライベートを犠牲にしてまで勉強しなくていい

ここまでの説明では、プライベートでも勉強した方がいい、という結論になっていますが、「プライベートを犠牲にしてまで仕事の勉強をしなくていい」という考え方もあるので説明します。
「仕事とプライベートのメリハリをつけることが大事」と、よく言いますよね。
休まないと息切れしてしまうので、休息はとても大事です。仕事をするときは一生懸命やって、プライベートの時間は仕事のことを一切思い出さない。そして、十分に英気を養ったら、また仕事を一生懸命頑張る。
勉強するとしても、プライベートな時間ではなく仕事中にします。仕事が終わったら、仕事のことは完全に忘れて、仕事は持ち帰らないように徹底します。
このように、仕事とプライベートにメリハリをつけることが、楽しく仕事を続けるコツといえます。

プライベートを犠牲にしてでも仕事の勉強はした方がいいのか?
答えは、「どちらでもいい」です。今回の説明を読んで、プライベートで勉強する必要性を感じたのなら勉強すればいいですし、感じないならしなくていいと思います。
向上心を持って仕事に打ち込んでもいいですし、仕事とプライベートのバランスをうまくとって、充実した日々を送るのもいいでしょう。

あなたの人生において大事なのは、仕事なのか、プライベートなのか、両方なのか、を考えれば、答えがでるでしょう。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る