ベンチャー・中小企業に転職

ベンチャーが社会に大きなインパクトを与える面白さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと変わったきっかけで入社した今の会社では、障がい者雇用の問題を皆が「自分事」として考えているそうです。社長・役員に加え各メンバー全員が志を高く持つ集団のなかで、会社のことを「僕らは」と一人称で語る米田さんが実感するやりがいとは……。

大手企業で決められた業務をこなす日々に物足りなさが

現在、勤めている(株)D&Iは、障害をお持ちの方のための雇用促進事業と教育事業を行っている会社です。僕はそこで雇用促進事業部のマネージャーとして、人材紹介、コンサルティング、カウンセリング事業等の全体統括を行っています。

大学卒業後、求人サイトの運営を主なサービスとする大手企業に入社し、広告営業を担当していました。
当時、新人として圧倒的な営業成績を上げるという理想を描いていましたが、現実とのギャップもあり、入社後に営業のスキルを身に着ける努力は怠りませんでした。単にサービスを売り込むだけでなく、相手の会社が持つビジョンを踏まえ、自社サービスがどう役にたつのかを突き詰めて考えることを繰り返して精度を高める努力を続けました。営業活動のなかで、経営者と直接話をし、プライベートなお付き合いもできたのは得がたい経験でしたし、彼らに取材・インタビューを行う際に会社や業界の裏側を見ることができたのも興味深かったです。しかし、次第に売れる商品がある程度決まっており、細分化された業務をこなしていくことだけでは物足りないと感じるようになりました。もともと独立志向も高かったので、会社に大きな不満があったわけではないのですが、2年で退社し、東京に出る決意をしました。

D&Iの事業に参画してみたら、これが面白い!そのまま会社へJOIN

東京に出た後は、人材関連の事業を立ち上げようと1年程の間、色々と手探りで動いていました。一時期は経済的にも極限状況まで追い込まれましたが、企業に属しているだけでは実感できなかったことが肌で実感でき、振り返れば良い経験だったと思います。
その頃、D&Iのオフィスを間借りしていたのですが、社長に「うちの会社の営業をちょっとやってみたら」と言われ、これがD&Iに入社することになるきっかけでした。僕はもともと障がい者に関する問題に興味があったわけではないですし、障がい者雇用に精通していたわけでもありません。しかし、営業をやるうちに次第にこの仕事のやりがいを感じるようになり、数か月後に正式なD&Iの社員となりました。

D&Iでの仕事の面白みは、ベンチャーなので良くも悪くもすべてが完璧には整っていないところにあります。大手企業では業務がきちんと細分化されていて、決められたタスクを淡々とこなすだけでも成り立つこともあります。しかし、ベンチャーでは自分たちで仕組み自体を整えながら試行錯誤するということも多いので、若いうちから凄く力をつけやすいと感じます。

僕の仕事の内容は、企業に対する障がい者雇用に関する営業活動がメインです。現在、一定規模以上の民間企業では従業員数に対して2.0%の障がい者を雇用する法律があるのですが、達成できている企業は半分に満たない状況です。
そんな企業の皆様に対して、採用活動の支援から、障害者の方が定着して働いていただける仕組み創りまで、幅広いサービスを提供するのがD&Iです。

例えば、東京・大阪・名古屋で実施している「BABカンファレンス」という障がい者のための合同就職フェアへの参加を企業に呼びかけ、運営も担当しています。人材紹介事業では、企業の必要な人材に対するニーズを伺ったうえで、障がい者の方々に企業をご紹介しています。

マネージャーとしては、メンバーの教育のほか、各メンバーの数字を集計し、売上げを達成するためにどういう戦略を立てるか考え、チームをまとめています。飲みに行くのも仕事です(笑)。
「誰もが挑戦できる社会」の創造をめざすD&Iでは、僕のようにもともと障がい者雇用に興味がなくても、その問題が他人事から「自分事」に切り替わるタイミングがあります。メンバーそれぞれが課題意識をもち、解決に向けて自分のできることを考え、そして常に本音で話すことができる関係です。そんな、志の高い集団だと思います。

障がい者雇用をきっかけに、大手企業に変革が起きることも

一部の障害をお持ちの方に対する偏見がまだまだ強い中、長く就職活動をしていてなかなか決まらなかった方でも、うちの紹介で就職できて非常に喜んでくださり、長く勤務を続けられ、自立につながっている事例もあります。
外に出られない、働き口がなかった、自立できない、といった個人のニーズに対して、僕らでないと解決できなかったことを解決できた、と感じるときには、本当に心から嬉しく思います。

また、企業の障がい者雇用に対する認識が、僕らの取組みで大きく変わることがあります。採用に至った障害者の方々が、企業が想定していたよりもさらに社内で活躍できることが認識として広まると、社員の方の障害者に対する見方自体が変わる瞬間もあるのです。
その先に、障がい者の採用枠を広げたり、社内に新たな業務の仕組みをつくることになった事例もあり、企業の経営や雇用に変革が起こることもあります。

我々のような、社員が100名にも満たない会社が、障がい者雇用の支援をきっかけに大手企業に変革をもたらし、結果的に社会を変え、世の中の役に立てるというのが、この仕事の面白いところですね。

仕事上の課題、将来的な展望

今後の課題としては、営業の仕事が多少なりとも属人的になっていることの解決でしょうか。各々が主体的に、何事も「自分事」として取組む姿勢は会社のカラーでもあるのですが、人員を大量に割かなくともサービスが売れるような仕組みや制度は整えていかなくてはならないと感じています。

個人的には将来、広く周りに良い影響を与えられる人間になりたいと昔から思っています。
僕は学生時代、いろいろな経験をした方々とお話をして、勉強する意味を知り、自分が変化する瞬間を実感しました。その感動を覚えているので、自分もある程度の年齢になったら、これから社会に出ていく人に自分の経験、学んできたことを伝えていけるような人間になりたいです。その時の自分が社長なのか、一つの事業部を回していく立場なのかはわかりませんが、常に「上」を見続けていきたいと思っています。

もし、今後転職を希望する部下から相談されたら、その先に彼が求めるものが本当にやりたいことなのかどうかによって、応援するかどうか決めると思います。
今の会社で将来性が見えないというようなことを言われれば、それは僕らや上の者がきちんと将来性を伝えきれていないということ。僕自身はD&Iの将来性を強く信じていますし、それをきちんと部下たちにも伝えていく努力を続けていきたいですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
米田 尚泰 (27)
経歴:

23歳 人材系求人サイトの広告営業を担当

25歳 人材関連の事業を立ち上げようと模索をしながらD&Iのオフィスを間借り

26歳 紆余曲折の後、D&Iの事業に参画しやりがいを見い出し株式会社D&Iに入社

 


充実度

充実度: 85点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る