仕事を探す

マーチャンダイザーとは?仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マーチャンダイザーとはどういった仕事をするのか?またその必要なスキルとは?マーチャンダイザーになるには?今回はマーチャンダイザーの仕事を調査しました。

マーチャンダイザーってなに?

 皆さんはマーチャンダイザーという仕事は御存じでしょうか? 恐らくは聞き覚えの無い方も多いのではないかと思います。マーチャンダイザーは百貨店やアパレルメーカー、量販店などで商品の企画から販売計画にその予算管理などを総合的に管理する仕事です。市場調査や売り上げの動向などをチェックして分析し新商品の開発計画を立て、商品開発後にはその販売を促進するための活動を行っていきます。企画、開発、販売を全て一貫して管理するのです。

 それらの仕事以外にも時にはバイヤーのように商品を仕入れる仕事を行う事もありますし、広告制作や商品の売り出しに関する企画を立てる仕事を行う事もあります。これらに必要とされるのは消費者のニーズを見極めるセンスと「企画」「販売」「流通」を総合的に見据えることのできる経営感覚です。販売計画は過去の売り上げの動向などをデータに基づいて判断する為その分析や判断能力も必要になってきます。

マーチャンダイザーに必要なスキルって?

 マーチャンダイザーになる為に必須となるような資格はありません。ですが前述したとおりマーチャンダイザーは様々なスキルを必要とされる仕事です。市場の消費の流れを読むセンスも必要ですし、購買意欲を刺激するような販売戦略を立てる企画力も必要です。企画、開発、販売を一貫して管理するのですから当然人を使う能力も求められますしその人心掌握は必須です。海外からの仕入れや海外での販売の可能性もありますからある程度の英語などの語学力も合った方がいいでしょう。

つまるところマーチャンダイザーにおいては必要と思えるようなスキルは全て備えておいた方がいいと思われます。そして何が必要なのかを見極める為にはやはり実地で働くのが一番でしょう。アパレル・ファッション業界の販売や仕入れの仕事やマーケティングの仕事などをまずは行ってみるのがよいかもしれません。

マーチャンダイザーになるには

マーチャンダイザーは経営者的なセンスを問われる総合管理職であり、そのの勤務先はアパレルメーカーや百貨店などの商品知識や経験の多く求められる場所です。つまるところマーチャンダイザーはなりたいからと言って一足飛びにその職に就けるような仕事ではありません。そんな理由もあってマーチャンダイザーを未経験者可で募集するようなところはまずといってないのです。つまりはマーチャンダイザーになって第一線で活躍することが出来るようになるのには長い時間が必要なのです。

マーチャンダイザーを目指すならまずは百貨店やアパレルメーカーで販売スタッフやバイヤーとしての経験を積むことから始めるべきでしょう。先にも書いた通りマーチャンダイザーとして働くにあたって必要なスキルは幅広いです。一つの職場にこだわらず様々な職場を渡り歩いて様々な実務経験や業界知識を蓄えていくとよいでしょう。そうしている内にマーチャンダイザーとして働くために身に着けるべきスキルも見えてくるはずです。

最後になりましたがマーチャンダイザーになる為に必要となって来るのは根気です。マーチャンダイザーという職を見据え堅実に経験を積んでスキルを身に着けることが出来る人間がその職を得ることが出来ます。目指す人は焦らず諦めず一歩ずつ進むことを意識しましょう。

Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る