スキルアップ

ライバル企業へ転職する場合の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライバル企業へ転職する場合には色々と障害があると考えなければいけません。その為メリットやデメリットを正しく理解することと、ライバル企業へ転職することの重大さをしっかりと考える必要があります。

ライバル企業へ転職する場合の注意点

今の仕事に特に不満は無いけれど自分の能力を買われてライバル企業から引き抜きの話があった場合、その話にすぐに飛びつくかどうかはとても注意が必要となります。ライバル企業への転職に関してはやはり同じ業界内での仕事をすることになるので今いる会社の社員や同僚とも顔を合わせることがありますし、それによるトラブルというものも考えられます。その為仮にライバル企業への転職を考えているのであれば実際に起こり得るデメリットに関してもしっかりと考えてから転職を行う必要があります。デメリットとなる部分としては、待遇面で今よりも給与が上がると言ったメリットがあったとしても、最終的にそのライバル企業を退職する際に得られる退職金が少ないといったデメリットも生まれてきますし、転職したライバル企業内にも同業であるがゆえに顔見知りの社員がいる場合もあります。そうなると元々ライバル企業同士だったと言うことが溝を作ってしまい、なかなかコミュニケーションがうまく取れないと言う問題も浮上してくる可能性があります。その為ライバル企業への転職にもデメリットもあるということを正しく理解した上で転職を行わなければいけません。

ライバル企業へ転職するメリット

ライバル企業への転職では多くのメリットを享受することが出来ます。まず一つ目は待遇面が良くなると言う事です。この点はデメリットと背中合わせの面もありますが、給与が大幅に増える、転職した時点で今よりも高待遇で迎えられると言うことも考えられますので、その点においては大きなメリットとなります。次に今までの仕事のノウハウがそのまま利用可能という点もメリットとなります。異業種の場合は今までのノウハウやスキルが一切使用できないことも多く、全てを一から覚えなおす必要も出てきます。しかしライバル企業であれば同業のため自分のスキルを存分に発揮して仕事をすることが可能です。その為転職した場合でも比較的スムーズに仕事に入ることが出来ます。

競業避止義務契約には注意を

ライバル企業へ転職を考えている場合に最も大きな障害となるのが競業避止義務という契約です。これは同業者への転職を一定期間禁止する契約事項で、この契約を行っていた場合にはライバル企業への転職が出来ないことになります。通常この契約は入社した際に契約書にサインをしているはずですし、入社時にその説明があるのが通例となっています。もしこの契約書にサインをしていた場合、ライバル企業への転職が出来ないと言う状況に追い込まれることも考えられますし、それにより転職の話も立ち消えになる恐れもあります。この競業避止義務というものは、現在勤務している企業の情報を外部に漏らさないためにある契約のため、ライバル企業に自社の情報や技術を流されないようにするためのものです。その為もし競業避止義務契約にサインをしていた場合には転職する際には注意が必要となります。もしそれを無視してライバル企業へ転職し、情報を漏らしてしまった場合、それは損害賠償請求を起こされてしまう対象となりますし、もしそれを起こされてしまうと多額の賠償金の支払いも必要となります。最悪の場合せっかく転職したライバル企業も解雇される可能性もあるので、競業避止義務に関してはサインしないほうが転職する際には障害とならないので良いでしょう。それと競業避止義務契約にサインをしていなくても、もといた会社の情報を簡単に漏らすような場合は、人間性を疑われることにもなりますのでライバル企業に転職する際の面接などで落とされると言うことも考えられます。その為情報を漏らさないことや前にいた企業のことを根掘り葉掘り話すといった軽率な行動は慎むべきでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る