スキルアップ

上手な仕事の探し方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職するためには、効率良く仕事を探す必要があります。今回は、仕事の探し方について説明します。

まずは自分の価値観を知る

生活を送るためには、必ず収入を得る必要があります。収入がないと生活を送ることができなくなってしまうので、非常に厳しい状態になってしまいます。学生生活では親に頼る期間もありますが、学生が終了してからはできるだけ親に面倒を見てもらうのではなく、自身で自立する必要があります。新卒でも中途でも同じなのですが、就職先を見付けるためには必ず仕事を探す必要があります。仕事を効率良く探すことによって、自身に合っている企業と出会う可能性がアップします。この点は非常に重要なことで、自身に合っている企業に就職することができないと、すぐに退社してしまう可能性があります。そうなるとすぐに新たに仕事を探さないといけませんので、仕事選びは選択肢を多くして慎重に行わなければなりません。仕事を探す際の選択肢は、まずは業種によって探す方法があります。業種を決めることによって、自身が働きたい場所が明確になります。業種によっては給料に差があることも多いですし、仕事内容も大きく変わります。業種を把握することが自身に合っている職場を見つける第一歩になりますので、事前にしっかりと調べるようにしましょう。その他の選択肢としては、働く場所によって決める方法があります。働く場所が遠くなってしまうと、通勤に時間がかかってしまい退社する原因となってしまうことがあります。ただし、就職すると同時に寮に入る選択肢や引越しをする選択肢もありますので、必ずしも場所が重要な訳ではありません。その他には、条件面で選ぶ選択肢があります。条件面は給与や休日など様々ありますが、人それぞれ価値観が違いますので、自身は何を重視したいかまとめるようにしましょう。給与にこだわりたい方は少しでも給与が高い職場に、プライベートを充実させたい方は休日が多い職場が良いでしょう。

自身のコネクションを利用した仕事の探し方

具体的な仕事の探し方ですが、最も効率が良い探し方は自身のコネクションを利用した仕事の探し方です。日本の転職市場において、非常に有効な転職方法は実は縁故採用です。近年、企業でもリファラルリクルーティングという採用方法が見直され導入を進める企業も増えてきました。自身のコネクションとは、家族が経営している会社や友人の紹介によって仕事に就く方法です。この方法のメリットは、人間関係の繋がりによって仕事を探していますので、面接に落ちる可能性が低く非常に高い確率で就職することができるということです。したがって、自身が友人から仕事に誘われているなどコネクションを活かせそうなときは、選曲的に検討すると良いでしょう。人間関係の重視して条件面も考えずに就職してしまうと、人間関係に縛られて不満があっても中々退職することができないようになりますので注意も必要です。

求人誌を利用した探し方

スタンダードな探し方としては、求人誌を見て応募する方法があります。求人誌は、有料のものと無料のものがありますので、どちらも活用すると良いでしょう。傾向としては、有料のものは比較的エリアが広いことが多く、無料のものはエリアを狭く紹介していることが多いです。求人誌は、コンビニや駅などに置いていることが多いので、そこまで購入しに行く必要や取りに行く必要があります。

求人サイトを利用した探し方

自宅に居ながらや移動時間に手軽に探すことができるのが、求人サイトを利用した探し方です。求人サイトは、スマートフォンやパソコンで手軽に探すことができますので、手間が一切かかりません。また、全国的に求人を調べることができますので、求人誌のように場所が特定されていることがあります。検索機能を使用すれば、自身の希望する条件の仕事を容易に探すことができます。また、求人サイトはほとんどが無料で利用することができますので、余計な費用もかからずに仕事を探すことができます。専門的な知識やスキルがあるのであれば特化型の求人サイトを活用するのもよいでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る