スキルアップ

人材コーディネーターとは 仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人材コーディネーターとはどういった仕事をするのか?また人材コーディネーターの仕事に必要なスキルとは?今回は人材コーディネーターの仕事を調査しました。

人材コーディネーターって?

皆さんは人材コーディネーターという仕事をご存知でしょうか? この仕事は派遣コーディネーターとも呼ばれ応募してきた人材をクライアントが求める条件に当てはまるようにマッチングさせその管理を行う仕事です。つまるところ仕事を求める人と人材を求める企業の間に入って仲介をする仕事ですね。一般的に派遣会社と呼ばれる企業が行っている業務です。

人材コーディネーターは営業が受注してきた業務に応じて適切なスタッフを登録された人材の中からピックアップして電話などでその仕事を紹介します。しかしそれで接点が途切れるわけではなく派遣後の企業へのフォローや派遣スタッフの精神的なケアやアドバイスなども人材コーディネーターの仕事となります。

さて何度も説明した通り人材コーディネーターは企業の求める人材と登録されたスタッフのマッチングがメインの仕事となりますが、その為には多くの派遣スタッフを確保しておく必要があります。ですのでその面接やスキルチェックなども人材コーディネイターの役割となります。人材の補充は必須ですし派遣スタッフがどういうスキルを有しているかを把握しておくことは適切な企業とのマッチングを行うにはとても重要な仕事です。

さてここまでは人材コーディネーターのスタッフ管理としての側面を紹介してきましたが働く派遣会社の規模によってはこれ以外にも営業を兼任する必要がある場合があります。営業と派遣スタッフの管理は分業されている会社も多いですが場合によっては自身で企業への営業から派遣スタッフの管理まで全てを行う必要もあるでしょう。他者を介さない分企業の求める人材のイメージを直接的に把握できますからその点では適切なマッチングが行いやすくなりますが、当然かかる負担が大きくなるのは想像するまでもないでしょう。

人材コーディネーターに必要なスキルは?

 人材コーディネーターという仕事に就くにあたって必須とされるような資格は特にありません。しかし民間団体が資格認定制度を設けており、資格を入手してカウンセリング理論やスキルを学べば就職や働くにあたって有利であるのは間違いないです。
 しかしそれらの資格よりも必須となるのはコミュニケーションスキルです。営業などを行う場合もありますがやはり人材コーディネーターのメインの仕事は派遣スタッフの管理です。人となりやスキルを把握するには相手と直接接する必要がありますし、派遣後のフォローにも当然コミュニケーションスキルは必要となってきます。派遣スタッフと派遣先の企業の間に入って折衝を行う必要が出てくることもあるでしょうから、精神的なストレスに耐えうる根気も必要となるでしょう。しかし大変な分うまく行えれば多くの人から感謝を受けることが出来る立場でもあり、それをやりがいと感じられる人に勧められる職業だと言えるのではないでしょうか。

人材コーディネーターになるには

 人材コーディネーターは派遣コーディネータと呼ばれることがある事からも分かるように主に派遣会社で必要とされる職業です。ですので派遣会社に就職するのが一番簡単な道だと言えるでしょう。大変な仕事ではありますが人と人を繋ぐ大切な仕事でもあります。そこにやりがいを感じられると思う人は一度働くことを検討してみてはいかがでしょうか?

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る