スキルアップ

介護施設の責任者 介護施設長の仕事内容と必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

介護施設長とはどういった仕事をするのか?また介護施設長に必要なスキルとは?今回は介護施設長の仕事を調査しました。

施設全体の運営と責任を負う

介護施設の場合、一番上に立っている人が必ずいなければならず、その人が運営方針を決定しています。介護施設を預けられている人が、介護施設長となり、様々な行動によって利用者が安心できるようにしなければなりません。実際に仕事をしてもらうのは、ヘルパーの方が主体となっていますが、運営するために必要なこと、そして経営を長期的に成功させるためには、何が必要となっているのかを判断して、その対策を取るようにしています。

基本的に、運営部分に多く携わることになり、入居者を募集する仕事が多くなります。介護施設長は、入居する人に、サービスについての紹介をしていること、ここに入居すると、こういったメリットがあることを伝えて、入居してもらえるようにしています。入居する人がいないと、サービスとして成り立たない状態となりますので、これでは運営を継続することができなくなってしまいます。いい運営をするためにも、介護施設長は積極的に誘致を進めることになり、希望している人への話し合いをすることになります。

また、仕事をしてくれる従業員を募集することも、介護施設長が中心となって行われます。足りないとされている部分があったり、離職者が出たことによって、どうしても人を採用しなければならない場合は、介護施設長が求人を出すようにしています。責任をもって、人材の確保も進めていかなければならず、従業員への負担を軽減する仕事もしなければなりません。

当然ですが、従業員の勤務状況はチェックしておき、明らかに違法な労働状況になっていないか、残業時間が長くなっていないかを確認しなければなりません。近年は、介護現場の残業がかなり長くなっている傾向にあり、そうした残業状況によって、ブラック企業と同等に近い状態であるとされるところもあります。介護施設長は、従業員側のイメージダウンを防ぐためにも、ある程度の残業時間で制限するようにしており、それによって仕事のしやすい状態を作っているのです。

立場になるには経験や研修が必要になる

介護施設を運営するためには、介護現場での経験というのは必要ないように思われますが、実際には2年くらいの経験が必要となっており、この仕事を知っていなければなりません。また、介護施設長は、研修を受けなければ、そもそも条件を整えることができません。介護現場での仕事をしている人なら、研修を免除しても大丈夫であることもありますが、あまり会経験を持っていない人、離れている期間がある場合などは、研修によって資格を持たなければなりません。

介護という現場を考えると、経験を持っていない人が上の立場に立つことはかなり難しいことでもありますし、上の日が解っていないことは、従業員の人に迷惑をかけることになります。介護施設長は、ある程度介護の仕事をわかっており、なおかつ知識を持っていなければ、成功しない仕事でもあります。

資格を持つための研修は、最低でも6か月程度用意されており、全ての内容を行っていることが認められて、ようやく介護施設長になってもいい資格が手に入ります。ただ、半年という期間を考えると、何度も必要な場所で話をすることが難しいので、大体は通信教育を行うことになります。こうした教育によって、仕事をしながらでもそうした資格を持つことができる点が大きなポイントで、介護施設長は他の仕事と兼任しながら目指せるところもあります。

介護現場の理解がとにかく大事なことで、できればこうした現場での仕事を経験しており、なおかつ理解をしている人が介護施設長として適任となります。そのうえで、経営関連の関与をしなければならないため、経営という部分の知識も大事になります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る