WEB・インターネット・ゲーム

仕事がつらいと思う時に考えられる原因とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人なら誰しもが「仕事がつらい」と思ってしまう時があるものですよね。しかし、あまりにも長くきついと思ってしまうならば、何か深刻な原因があるのかもしれません。それを探っていきたいと思います。

きっかけは人間関係?

仕事をしていると、ストレスを受けてしまうような状況も多くあるでしょう。それは、達成しなければならない目標だとか業務上の大きなトラブルだとかがありますね。特に現代社会では、強いストレスを抱えている社会人がたくさんいます。日本だけというわけではありませんが、近年では「ブラック企業」が社会問題化していることもあり業務環境は良くない場合もあるでしょう。逆に言うと「ホワイト企業」というものも、決して少ないわけでは無いのだと思われます。社員を大事にして、業務環境を良くする会社は多いと思います。しかしそんな中でも、ストレスを抱えている人が多いのは事実です。どれだけ社内の環境が良かったとしても、たとえば「うつ病」になってしまう人は現代では多いのです。どうしてそんなことになってしまうのかと言うと、やはり人間関係がキーワードになっているかもしれません。人間関係…それはどんな場所にもありますよね。仕事がつらいと思ってしまう時、そのきっかけの一つが対人関係からというのはよくあることです。何か悩みがある時に、それを気軽に相談出来る関係を築いていないこともあるでしょう。すべての悩み事は人間関係から始まるという俗説も出てくるほど、人間とは難しいものなのでしょう。結局は少しずつ、自分が働きやすいように職場で潤滑な関係を作っておくのも大事かもしれません。

完璧を目指すとストレスも増える?

心がどうしても晴れない…そんな時は誰にでも経験があるかもしれませんが、あまりにそれが克服出来ないならば何か大きな原因があってそれを解決しなければ大変なことになるかもしれません。まず、気力が大きく下がっている状態のことを「うつ状態」と良います。この期間が長くなれば「うつ病」と判断される通り、ずっと仕事がつらいと感じている状態は実はかなり危険である可能性もあります。しかしながら、同じような仕事上の重圧がかかっている人でもあまりつらく感じていない人も中には居ます。この違いは何かと言うと、本人のストレス耐性の違いにあるかもしれません。一概に強いとか、弱いとかは言い切れるものではありませんが、やはり個人差があるのは事実です。その差とはそれぞれの思考の異なりにある可能性も高いですね。たとえば完璧思考の強い人は、上昇志向が強いとも取られますから、より成功しやすい可能性もあります。しかしこういった人は高すぎる目標を設定したりして、いざその通りにならなかった場合は即ストレスになってしまうのがデメリットです。こうした考え方はもちろん悪いことではありませんが、自分がきつくなるようなことが多いのであれば見直すことも必要になります。

ストレスを跳ね返し、乗り切る術も必要

ストレスというものは誰にでも降り注いでいるものなのですが、実はそれを受け止めるかどうかで変わってくるのです。受け止めず通過してくものもあって、それはストレスとは見なしてはいないでしょう。どうすれば日々の重圧を受け流せるのかというと、たとえば帰宅後や休日に打ち込める趣味を持っているかなども関係していますね。そのほかにも、自分に自信があればストレスを跳ね返せることも多々あるでしょう。誰しもが仕事がつらいと思いながらも、必死でそれを乗り越えてきていますが乗り越えられなければどうなるのでしょうか?根性論ばかりではどうしてもやり切れない場合も多いです、現代では社会構造も昔とはかなり変わってきていますからね。そんな中で私達が自分の実力を発揮しながら、快適に過ごすためには必要なものもいくつかあるでしょう。働く環境、自分の心掛け、そしてストレスを乗り切る処方術ですね。こういったものがある理想状態に持っていければ、きっと快く仕事をしていけますね。基本は頑張りすぎず、まずは自分をいたわって状況を持ち直していくことが大切です。

()
経歴:

充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る