ITエンジニアのスキルアップ

仕事ができない…悩んでいる方の対処法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事ができない…と自分自身で悩んでいるという人や、会社内で、仕事ができない、と噂されているという人はいませんか?そうなると、会社にいるのが辛くなってしまいますし、会社を辞めたい、と思ってしまうことも多いと思います。

仕事ができない人とは

仕事ができない…と自分自身で悩んでいるという人や、会社内で、仕事ができない、と噂されているという人はいませんか?そうなると、会社にいるのが辛くなってしまいますし、会社を辞めたい、と思ってしまうことも多いと思います。そうなってしまわないためにも、まずはそんな自分を改善するということが大切です。改善することで、会社のためにもなりますし、さらに自分のためにもなるのです。仕事ができないという人には、いろいろな特徴があります。

たとえば、何回言われても同じようなミスを繰り返してしまう人や、さらには仕事が遅い人、ミスを認めない人、完璧主義過ぎて融通が利かないという人など、いろいろな共通点があります。さらに、勤務態度がまじめなのにもかかわらず、仕事ができない方もいます。こういった仕事ができないという方の場合には、まずはどのように改善すればよいのでしょうか。

言い訳が多く、保守的な人

仕事ができない人に多いのが、言い訳が多くて、保守的な人です。こういったタイプの人は、何をするのにも言い訳が多いですし、注意をされたとしても素直に聞き入れることができなかったりします。このため、上司から疎まれてしまうことも多いのです。
さらにこういったタイプの人は、自分自身の保身のために、責任のある仕事から逃れようとします。さらに、何かミスがあったとしても、自分のせいにされてしまったり、責められてしまったりするのが困るため、言い訳をしたりして言い逃れをしようとします。こういったタイプの人は、周りからも疎まれてしまいがちとなりますので、重要な仕事を任されなくなってしまいますし、信用をされなくなってしまいます。このため、会社によっては、上司の間でもリストラの候補にも挙がりやすくなります。
こういったタイプの人は、まず、言い訳をせずに受け入れてみることが大切です。さらに、自分で責任を持ち、さらには前向きに取り組む姿勢を見せていきましょう。そうすることで、会社の信頼を得ることができるのです。言い訳ばかりをしていては、後輩にも格好がつかないですので、一度自分の姿を見直してみることから始めてみるとよいでしょう。

まじめすぎる人も要注意

まじめすぎて仕事が遅い、という方も実は周囲の人から仕事ができない、とみられているケースは少なくありません。あまりにも完璧すぎても、作業などの要領が悪く、あまり周囲からはよく思われないのです。
会社というのは、利益を追求するべきところであり、あまりにも効率が悪かったり、要領が悪かったりすると、会社からはいらない存在になってしまいます。たとえば、完璧であったとしてもスピードが伴わないと、非効率的であるということになるのです。
改善することができない場合には、新人と同じ仕事を任されてしまうことになってしまったり、あるいはいつまでも重要な仕事をやらされないままとなってしまったりするのです。
このため、まずはどのように改善するのか、ということを考えるように心がけましょう。たとえば、スピードのことを常に考え、どうすれば早くなるのか、ということを考えて作業をすることが大切です。またあまりにも完璧を目指さなくともどこで手を抜くべきなのか、ということを考えてみるようにしましょう。
たとえば、いつもしている仕事は、7割の時間で作業を済ませることができるようにしましょう。そうしたことを意識することで、自然とスピードが速くなっていきます。完璧すぎる人はあまり仕事が遅いと、周りから仕事ができない人と思われている可能性が高いです。このため、意識してスピードアップを目指して改善するように心がけましょう。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る