ITエンジニアのスキルアップ

仕事が嫌いというのは、仕事が退屈よりもはるかにマシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事が嫌いで会社に行きたくないという人は大勢います。プロスポーツ選手であるイチローや辰吉丈一郎も練習が大嫌いだと公言しています。仕事が嫌いなのは普通の状態であると知り、メンタル面のケアを行うべきです。

世界トップレベルの結果を残している人間ですら仕事を嫌っている事実

仕事が嫌いであるというビジネスマンは多いでしょう。
近年の不景気により社員への風当たりが強くなってきている会社も増えてきています。利益を上げるために容赦なく社員にノルマを課し、プレッシャーをかけ続ける上司もいます。
嫌いという感情を持ちながら毎日朝早く起きて会社に通勤するのは確かに苦痛です。暗い顔をしている会社員が多いのはこのためでしょう。
しかし、世の中にはもっと苦しんでいる人がいることを知っておいて損はありません。
仕事が退屈すぎて困っている人もたくさんいます。単調な作業をロボットのように繰り返している人は、同じことしかやっていないため頭が壊れそうだと感じているのです。

また仕事が嫌いで仕方ないと感じている人は、仕事のできない人だけでなく仕事のプロフェッショナルである人たちも同様に感じていることを知っておくことは大切です。
イチローはヒットを打ち続ける日本随一のプロ野球選手ですが、彼ですら練習は嫌いだと言っているのです。
またボクシングで世界チャンピオンとなった辰吉丈一郎も「練習は嫌いで毎日辞めたいと思う」とこぼしていました。
世界トップに立った人間ですら、仕事の一部である練習を毛嫌いしているのです。したがって、私達が日々の仕事を嫌うのもごく当然のことと言えるでしょう。

イチローや辰吉と一般のビジネスマンの唯一の違いは、「継続」といえます。
彼らはどんなに嫌なトレーニングであっても練習であっても欠かすことはありません。辰吉は何十年も一日も休まずランニングを続けていますし、イチローもオフの日であっても筋力・持久力トレーニングを行っています。それだけの違いなのです。
嫌だと思っても仕事に行くことで、私達ビジネスマンもその道のプロになることができます。
土日などの休みであっても、仕事の一部をこなすことで仕事を極めることができるようになります。

「嫌い」という感情を持つ原因を突き止めて解決に向かう

当然のことですが「仕事が嫌い」と感じるには理由があります。「嫌い」という感情を少しでも和らげたいと思うのであれば、その原因を見つけて解消していくことが一番です。
多くの場合、この原因は一つではなく複数あるので、1つずつリスト化して解決法を編み出していくことがポイントになります。

仕事を嫌いになる1つ目の理由が「通勤」です。
特に満員電車に乗らなければならない場合は、電車ですし詰めになるためかなりのストレスになります。
経済的な余裕がある場合は会社の近くに引っ越すのがベストですが、そうでない場合は始発電車に乗ったり、朝1時間早く起きて家を出るなどの工夫が不可欠となります。
会社によってはフレックスタイム制を採用しており、通勤時間をずらすことが可能になります。
どうしてもストレスが大きい時は、会社の上司などに相談してみると良いでしょう。

仕事が嫌いな2つ目の理由が「上司・同僚」です。会社という組織に所属するのであれば、人間関係を避けることはできません。
人それぞれ性格は違いますし、合う合わないといった相性は必ずあります。人間関係のストレスは0にすることは実質不可能です。
したがって、溜まったストレスを吐き出す場所・方法が必要となります。一番良いストレス解消法は昼寝・瞑想です。
人間はストレスを感じると体内でコルチゾールというホルモンが生成されます。短時間の昼寝や瞑想を行うとこのコルチゾールのレベルが大幅に下がります。
IT企業などでは昼寝専用の部屋やヨガルームを設けているところもあり、最近になって昼寝や瞑想によってストレスを下げる方法が注目を集めています。

3つ目の理由が「仕事内容」です。
これは自分が選んだ仕事なので文句を言うことは難しいでしょう。仕事内容がどうしても嫌であれば転職するしかありません。
転職すると給料は下がる可能性がありますが、今の時代は仕事が無限と言っていいほどあります。仕事内容が自分に向かないと思えば、給与面などを考慮して転職を検討してみることをオススメします。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る