人間関係

仕事でのストレスの原因と解消法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をしているとうまくいくことばかりではありませんし、辛い仕事などでストレスを感じることもあります。ストレスが溜まることで様々な問題が生じますのでストレス解消が重要となります。

ストレスが引き起こす仕事での問題

仕事をする上では出来るだけストレスを溜めないようにすることが重要です。このストレスと言うものは溜まれば溜まるほど自分自身を蝕んで生きますし、それによって仕事にも様々な悪影響を及ぼすことになります。
ストレスを溜めることにより引き起こされる問題として、最大のものはやはり体調を崩してしまうということでしょう。特にストレス体性が弱い人ほど体調や精神のバランスを崩しやすくなり、会社を休んだり最悪の場合は退職せざる負えない状況に追い込まれてしまうことも考えられます。
特に精神的にストレスで追い込まれてしまうとうつ病といった重篤な症状になることもあるので注意しなければいけません。仕事でのストレスは仕事自体が楽しくない、仕事が辛いといった状況も招く恐れがあり、楽しくないと感じたり辛いと感じる場合には仕事の効率も悪くなりどんどん仕事が出来なくなっていきます。
そうなると周りからの目も気になり始めさらに仕事が進まないという状況に陥る可能性もあります。ストレスは集中力も奪うので仕事の生産性にも影響しますし、通常では考えられないようなミスなども起こしやすくなります。このようにストレスを溜めることで様々な悪影響がおきてしまいますので、仕事でのストレスを如何に解消するかが重要となります。

ストレスを溜めやすい人の特徴

ストレスを溜めやすい人の特徴として挙げられるのが、仕事を完璧にこなそうと無理をしてしまう人です。
完璧主義者ほど仕事でのストレスを受けやすく、完ぺき主義者だからこそ他人に弱みを見せない、周りに頼ろうとしないという傾向が強く、それが自分自身を知らず知らずのうちに追い込んでしまう原因となります。
そのため何時の間にかストレスによる影響で体調や精神的に不安定になってしまう恐れがあります。仕事でのミスをくよくよと引きずる人や、大したことでもないのにすぐに落ち込む人もストレスを溜めやすい人だと言えます。
例えば仕事で少しミスをしただけでそれを何時までも責め続ける人や、上司などに怒られたことでものすごく落ち込むといった人は、精神的にストレスを溜めやすい人だと言えます。仕事に関して一人で突っ走るような人もストレスを貯めやすい人だといえ、周りからの意見や助言が煩く感じられそれがストレスになることが考えられます。

ストレスを溜めずに解消するには

仕事上でのストレスを出来るだけ溜めないようにするためには、やはり周りとのコミュニケーションをきちんととることが重要となります。何故なら仕事でストレスを感じた場合にそれを聞いてくれる同僚がいれば、話すことにより抱えていたストレスを発散することが出来ます。
相談できる相手が同じ社内にいることはとても重要ですし、仕事で困った場合にも助けてくれますのでそれにより一人で悩みを抱え込むことも無くなりストレスを解消することに繋がります。
それと何がストレスになっているのか分からない場合には、ストレスを解消することも難しくなりますので、自宅で仕事で起きた嫌なことや今抱えている問題などを一旦書き出して見るのも良い対象法となります。
書き出すことで原因の究明にも繋がりますし、自分では大したことないと思っていたことがストレスの原因であるかもしれないということを見つけることにも繋がります。
ストレスを解消するためには仕事に縛られた生活にならないことも重要で、仕事が終わったら気分を切り替えてオフタイムを楽しむということも重要です。
常に頭の中に仕事のことがあればそれがストレスの原因になる場合もありますので、仕事から離れた場合には仕事のことは一切頭から切り離して、しっかりとプライベートを楽しみストレス解消することも重要な事だといえるでしょう。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る