ITエンジニアのスキルアップ

仕事でミスばかりする人が劇的に生まれ変わる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事でミスばかりして上司やお客様によく怒られる人には共通している特徴があります。自分がミスを犯しやすいと自覚している場合は、複数の解決策を地道に実行しデキるビジネスマンに生まれ変わりましょう。

ミスが命取りに繋がる外科医が必ず行っている方法

まずミスの少ない人間が行っていることに「チェックリストを持ち歩く」ということが挙げられます。
チェックリストを徹底して確認し、ミスを0に近いレベルで保っている職業があります。それは絶対に失敗が許されない仕事を行っている外科医です。外科医は人間の体にメスを入れるため、失敗すると命が失われたり後遺症が残ります。
このため、絶対にミスを犯さないように細心の注意を払っています。外科医はミスをしないようにするために、執刀前にまず「チェックリスト」を作成し、チェックリストを一度確認し、OKが出た後も助手などにチェックリストを再確認させるのです。
こうすることで、道具不足や知識不足といったミスがないように事前準備を行っているのです。

実際にチェックリストを作成する上でポイントなるのは「メモを取る」ことと「リストの順番をつける」ことです。
たとえば上司に新たに仕事を頼まれた場合、必ずメモを取るようにします。人間は1度に7つの事項までしか記憶できないと言われているため、上司に7つ以上のことを言われた場合、全てを覚えきれなくなってしまいます。
したがって必ずメモを取るようにすることで、やるべきことを忘れてしまうという失敗を防ぐことができるようになります。
また仕事を行う手順に順番をつけて、実行する際には必ず順番を守るようにすることも大切です。こうすることで手順をスキップするというミスをなくすことができます。
職場でミスばかりする人は、ランダムな順番で仕事を行う習慣が身についている可能性があるため注意しましょう。

体調管理は睡眠と食事、休憩の管理が100%

ミスばかりしてしまう原因が「集中力の欠如」であるケースも非常に多くあります。
集中力が続かない原因は複数ありますが、まず第一に管理すべき点は睡眠です。毎日夜更かしをして徹夜気味のまま出勤し、バリバリと仕事をこなせるようなスーパーマンはほとんどいません。
最低でも6時間の睡眠を確保して仕事を行うのが鉄則になります。お酒を飲むと睡眠が浅くなるため、飲み会などに参加する場合でもお酒を飲む量を節制することが大切になります。

そして次に大事なのが栄養管理です。脳のエネルギー源となるのはブドウ糖と言われています。ご飯も食べずに仕事しようとするとガス欠になるのは目に見えています。ご飯を大量に食べると眠くなってしまうので逆効果ですが、空腹にならない程度に食事を摂ることは重要です。
小腹がすいた時は糖分を意識し、ジュースやチョコレートなど甘いものを少しつまむと良いでしょう。

また意外に見落としがちなのが休憩です。人間の脳は使い続けると疲労物質がたまり、うまく頭が働かない状態になってしまいます。したがって1時間に1回くらいは休憩をとることがポイントになります。
机を離れられない場合は、ただ目をつぶるだけでも視覚情報をシャットアウトできるので、脳が休まります。タイマーなどをセットして1時間に10分くらいの割合で休憩を取ることをオススメします。

マルチタスクは注意力を低下させるので厳禁

現代人は皆「マルチタスク病」にかかっていると言っても過言ではありません。スマホを見ながら音楽を聞いたり、Youtubeの動画を見ながらメールチェックをしたりして、複数の行為を同時に行っている人が大半です。
しかし複数の行動を同時に行えば行うほど注意力が散漫になり、仕事でミスばかりするようになります。マルチタスクすることが習慣になっている人が多くいますが、集中力を発揮するのであれば一つのタスクのみに取り組むようにすることが重要です。
どうしても仕事中に割り込みのタスクが入ってきてしまう場合は、割り込みの仕事を後回しにすると良いでしょう。
緊急の仕事でない限りは、今取り組んでいる仕事に集中することで結果的に仕事が早く終わるようになります。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る