ITエンジニアのスキルアップ

仕事でミスをして落ち込んだ時に考えたい3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事でミスをしたときに考えると前に進みやすくなる考え方。1. 人間ミスがあって当たり前。そこから学ぶことが大切。2. 怒られるうちが花。アドバイスを聞いてみる。3. 相手の気持ちを理解しようと試みる。

仕事とはミスが許されない世界。失敗して叱咤された時はもちろんですが、何より自己嫌悪に陥って心が落ち込んでしまいますよね。
反省はもちろん大切ですが、そこから一歩踏み出せるかが、今後の明暗を分けることになります。
仕事でミスをしたときに考えると、より前に進みやすくなる3つの考え方をご紹介します。

1. 人間ミスがあって当たり前。そこから学ぶことが大切

ミスが許されない仕事。しかし、それを完璧に叶えることは不可能です。なぜなら人間である以上、必ずミスが生まれてしまうからです。
ではミスが少ない人は何をしているのか。ミスの早期発見・早期修正はもちろんありますが、一番は「ミスから学び、二度と起こさない工夫」をしているのです。

例えば、頼まれてた仕事を忘れたというミスをしたとします。
誰でも落ち込んで自己嫌悪しますが、ミスが少ない人はそこから「二度と起こさない為には、どうしたら良いか?」と一歩先を考え、付箋を貼ってみたり、アラームをセットしてみたりなど「具体的な行動」にまで落とし込みます。
これで失敗したら、また更に具体的な行動を強化する。この繰り返しをして、ミス再発を防いでいるのです。

自分は出来の悪い人間だ…とネガティブに考えてしまう時があるのも人間なので仕方ありませんが、こうした工夫の積み重ねがいつの間にか成功を支える力となり、少しずつ自信に繋がっていくのです。

2. 怒られるうちが花。アドバイスを聞いてみる

良く「怒られているうちが花」という言葉を聞きますが、叱咤された相手が憎かったり、心が落ち込んでいる時にそんな言葉を言われても、到底信じられませんよね。しかし、これは本当にそうなのです。

怒りは大なり小なり「あなたならできる(できた)はずだ!」という期待の裏返し、つまり「期待している(していた)から怒る」のです。
ここで改善を疎かにし同じミスを繰り返してしまうと、再発防止を怠っていると思われ期待が薄れ、最後には悪い意味で諦められてしまいます。

「怒る」のはとてもエネルギーが必要で、自分が憎まれる事を前提でないとできないことです。それを乗り越えてでもあなたに伝えたいことがあるのです。
ただ相手も人間ですから、感情的になりすぎて具体的に改善してほしいポイントを伝える事ができない時もあります。
怒りという感情に目を向けるのではなく「どの部分を改善してほしいのだろう?」と、言葉の中からほんの少しでも具体的な次の行動を探れたら、それが今のあなたの成長に繋がります。
どうしても改善策が見つからない場合は、似たような状況を乗り越えてきた仕事仲間に相談したり、怒った相手が冷静になっているタイミングで直接アドバイスを求めるのも一つの手です。

3. 相手の気持ちを理解しようと試みる

自分が起こしたミスから、相手にどんな悲しみを与えてしまったのか…。自分の心だけでも精一杯なのに、相手の事まで考える余裕なんてないかもしれません。
しかし、怒った相手が一番に求めているのは「心情理解」なのです。これはクレーム対応でも重要と言われているポイントで、自分はこんな悲しい思いをした、こんな残念な思いをした、期待を裏切られた…それを分かってほしい、という感情が怒りに繋がっていることが多いのです。
相手の気持ちを理解しようと努力することによって、あなたの反省の意が伝わりやすくなったり、許しを得れる可能性が高くなるというメリットもあります。

もちろん心が落ち込んでいる時に考えることは難しいと思いますので、心が落ち着いてから、時間が経過してからでも構いません。
自分の悲しみと同時に、相手の悲しみにも目を向けてみましょう。紙に書いてみるのも、冷静に考えや感情を整理整頓できる効果的な方法のひとつです。

いかがでしたでしょうか。

仕事のミスは、どんな人でも経験する「避けて通れない道」とも言えます。その道をどう渡るかが、あなたの今後を左右する重要なカギとなります。
自己嫌悪して心が落ち込むこともあると思いますが、少しでも前に進みたいと思ったとき、この3つを思い出してみてください。きっと今後の成長に繋がっていくことと思います。

eyecatch_036
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る