スキルアップ

仕事に自信がないときの解決方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に自信がないと、全てにおいて不安になってしまうものです。今回は、仕事に自信がないときの解決方法を提示します。

仕事に自信がないと様々な影響がでる

仕事は働いているときにだけ影響が出るものではなく、プライベートの状態にも直結してしまいます。人は色々な悩みを抱えるものですが、最も多いのが仕事に関する悩みです。生活を送るためには、必ず収入を得る必要があります。不労所得があるのなら問題ありませんが、通常では生活を送るために働かなければなりません。したがって、人生と仕事は切っても切れない関係にあり、通常の生活を送るためには必ず仕事をしなければなりません。仕事は自身で経営を行う方法と、務める方法がありますがどちらにも言えるのが自信を持つことが重要だということです。仕事に自信がなくなってしまうと、仕事にもプライベートにも影響してしまいます。

仕事に対する影響は、単純に仕事がはかどらないというだけではありません。仕事に対する自信がないと、モチベーションが上がらずに仕事ができなくなってしまいます。また、仕事のスピードが落ちてしまうこともあり、周囲からの評価が下がってしまうことになります。仕事の悩みの中でも人間関係に起因しているものが多いですが、仕事に自信がなくなることが人間関係が悪くなってしまう要因となります。仕事に自信がないということは、仕事ができなくなってしまうことだけではなく、人間関係にも多大な影響が出ることを決して忘れてはいけません。

また、仕事に自信がないと普段からの態度にも出てしまうことがあります。仕事とプラベートは分けて対応することができれば良いのですが、人間は中々分けることができません。仕事に自信がないと、家族に当ってしまうことが多くなり、プライベートの生活も悪くなってしまうことがあります。家族は非常に大切な存在ですが、仕事に自信がないことから関係が悪化してしまうことがあります。これらのことから分かる通り、仕事に自信を持つことができなくなると、良いことはほとんどありません。自信を持ちすぎて過信するのも良くありませんが、適度に自信を持つことができるようにしましょう。

自分に自信を持ち他人のせいにしない

仕事に自信を持つためには、根本的な考え方を変える必要があります。単純に仕事に対する向き不向きの問題ではなく、自分に自信がないことから仕事に対しても自信が持てないことが多々あります。自分を信じることができなければ、仕事に対して自信を持つことも難しくなります。したがって、まずは自身の能力に自身を持つようにして、仕事もできるだとマインドチェンジを行いましょう。特段努力をするようなことではありませんが、根本的な考え方を変えるだけで飛躍的に自信を持つことができる場合があります。また、仕事ができなかったことによる自信の喪失の際には、他人のせいにする場合があります。これは反省から逃げていることに繋がり、さらにミスを重ねてしまう要員になります。反省は自信の喪失ではなく、次にミスをしないためのポジティブなものですので、人のせいにするのは止めるようにしましょう。

仕事に対する時間を自分に合わせる

仕事には様々なものがありますが、時間は非常に密接に関係しています。時間内に組み立てを完了しなければならない、営業の商談を時間内に終えなければならないなど、様々なシチュエーションがあります。時間内に仕事を終えることができるように、まずは努力を行いましょう。時間内に仕事を終えることができるようになることで、どんどんと自信を持つことができるようになります。ただし、自分のペースに合わせた仕事を行うことも重要です。急かされたりすることによって仕事ができなくなると、自信を持つことができなくなってしまいます。自分に合っているペースで仕事を行うことで、自信がない状態から脱却することができます。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る