人間関係

仕事の中でのイライラ感の原因と解決するための考え方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をしていると、どうしても事あるごとにイライラしてストレスが溜まることもしばしばです。根本的な原因と、そしてそれを解決する考え方とは何なのかを見ていきましょう。

完璧を目指すとイライラしてしまいがちに

仕事をしていると、どうしても気分の優れないことも多いと思います。

気分が晴れない時にはどうしても良い仕事は出来ないものですが、なかなか上手くいかないのが難しいところですよね。

イメージしてほしいのですが、仕事の中でいつもイライラしている人は居ませんか?

それはあなたかもしれませんし、上司や同僚かもしれません。

イライラする時、仕事の中で上手くいかないことや不満なことがあるのかもしれないですね。

たとえば真面目な人というのは、しっかりと仕事が計画通りに運ばないとすぐにストレスの原因となってしまいます。

よくこういった性格のことを完璧主義とも言いますが、この完璧主義の持ち主は当然真面目でストイックなので社会面で成功しやすいとは言います。

しかしその一方でストレスを溜め込みやすい性質も持ち合わせているんです。

どうしてそのようなことになるかと言うと、この性格では完璧に物事が動かないと脳内がパニックを起こすからです。

どうしても「こうであるべき」という固定概念が何をするにも邪魔をしてしまいます。

人によっては、その軌道修正が効かずどんどん想像の中とは現実が乖離してしまうんですね。

あなたも仕事の進行の中でイライラすることがあれば、こういった思考が元になっている可能性もあります。

自信はある程度あったほうが気分は落ちにくい

社会で働いていると、そうしてもソリの合わない人もいることでしょう。

業務に関わる人数が多いほど、そういった人も増えていくわけですがやはりそれでも人間関係は避けては通れません。

もともと多様な人間の中で、そして会社の中だと20代や60代などさまざまな世代の人も居ます。

そして何といっても「仕事」という目的に沿って皆動いているため、そうしてもその人間の関わり合いは複雑になってしまうのです。

そんなストレスの出てきやすい社会の中では、やはりイライラしている人も多いことでしょう。

そういったイライラ感は誰しもが持ちやすい現代ですが、これは周囲との認識の違いによっても起こり得ます。

人間とはそれぞれが多様な思考や信条を持っていて、例えば自分に自信が無い人というのはちょっと指摘されただけでもすぐに反省し過ぎるほどに反省してしまうのでさらに自己評価も減ることがあります。

こうなってくると、何をやっても上手くいかずにイライラの元となります。

逆に言うと自信のある人はそういった指摘を受けても、すぐには落ち込みません。

あまり自信家だったら、反省が活かされず失敗が続く可能性もありますが基本は「自分を認めながら謙虚でいる」ことが大切になってくるかもしれません。

時にはシンプルな心持ちで

何をしていても、どんな仕事をしていてもそこには感情があります。

いろんな人間が関わる仕事の中では、時には複雑で強い感情とたくさん出会います。人と上手くいっていない時、それは仕事でもどんなことでもストレスは付きまといます。

こういったイライラ感は発散させることが重要ですが、それと同時に根本からイライラの元を減らすことも大切です。

「上司に怒られた」「部下が思い通りに動いてくれない」、そんな不満が身近な原因としては特に多いものでしょう。

まずは自分の考え方を、ちょっと楽にしてみましょう。仕事を楽しく、そして成功させている人は意外とシンプルに物事を考えているものです。

ストレスを抱えて悩んでいる人は、きっと真面目で努力出来る人なんだと思います。

そういった真面目さは仕事の中でも活かしていければ良いですし、そのためには気を楽にしてたまには「何とかなるさ」精神で心のバランスを整えるのも良いかもしれません。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る