人間関係

仕事へ行きたくないと感じたら…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事へ行きたくないと感じることが多くなったら、その後を考えていくことも大事です。そのまま仕事をしても、気分が悪くなって嫌になるなら、その後のことも少し考えてみましょう。

仕事は義務に近い状態となっており、勤労をすることによって収入を得ていくことは当然のこととなっています。しかし行きたくないと思ってしまうことも当然増えてきて、もう仕事をしたくないと感じてしまうことも増えてしまいます。どうしてそうした状況になってしまうのか、よく考えて行動をすることも大事なのですが、それ以上に大事なことは、その後のことを踏まえて取り組むことです。

ただ休めばいいだけなのか、よく考えよう

行きたくないと思っているなら、思い切って休む選択肢も当然あります。ただ、休めば楽になるわけではありません。休んでしまうことによって、自分の仕事は残されたままになりますし、次の日から普通にきつい仕事が待っています。そのまま休んでしまうことを選ぶのではなく、行きたくないと思っても仕事のためにはやむを得ず、その中でストレスを軽減できる方法を考えたほうが良いのです。

普通に仕事をしているだけなら、ストレスによって行きたくないと思ってしまう気持ちが増えてしまいます。ただ、ストレスを減らせるようにしていれば、それだけ仕事がしやすくなりますし、場合によっては仕事へ行きたくないという気持ちが減ってくることもあります。なるべく行きたくないという気持ちをすぐに出すのではなく、このように仕事をすればまだできるじゃないかと考えながら、とりあえず仕事ができる状況に持って行ったほうが良いです。行きたくないから休むというのは、実はすごくマイナス材料になってしまいます。

続けてみて辛いなら辞めてしまうのもあり

このまま仕事を継続したことによって、仕事をしている時の嫌気がどんどん増えてしまい、辛いと感じることが増えてしまうのであれば、辞めてしまう選択肢もあります。当然辞めることを考えるなら、転職をしていくこととなりますので、裏でこっそりと仕事を探して、新しいところを見つけなければなりません。見つけたところでしっかりと仕事ができるのか、そして自分のストレスを軽減できるような仕事ができるかで、考えていくことになります。

行きたくないと思っているのは、単に仕事から逃げたいと思っているかもしれませんが、仕事自体が本当に嫌だと思えることであり、自分が生活をしていく時にも影響が出ているようなことがあれば、辞めてしまったほうが良いです。ストレスで体調を崩したり、不眠症になってしまうこともありますから、本当に嫌だと思っているなら、行きたくないという理由から転職を考えていくことも重要な事です。

色々な人に相談して仕事に行きたい気持ちを作る

行きたくないと思っても、休むくらいならその日は出勤して、本当に信頼できる人に相談してみると良いです。相談によって、少しでもストレスや嫌気が解消されることもありますし、もしかしたら自分が思っていたことは間違っていて、他の方法なら対応できるようになったりすることもあります。人間関係が原因なのであれば、信頼できる同僚や友人に話をして、仕事へ行きたくないところから辞める選択を切り出してみるのもいいことです。

自分が仕事をしたくないと思っているのは、どのような原因があって、何が解決されなければならないのか、本当にその部分を改善していかなければなりません。そして、本当に大丈夫なことを考えつつ、信頼できる人に口止めを行ったうえで、思い切って相談して解決すると良いです。こうして行きやすくなったり、辞める決断をしっかり行って、新しい道を探すことになります。

行きたくないと思っても、それはわがままなだけかもしれません。仕事へは当然行かなければなりませんが、後のことをしっかり考えて、出来る限りの対策も取るようにしてください。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る