やりたい仕事へのチャレンジ

仕事をするうえで大事なこととは?【心持ち編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をするうえで大事なことはいくつもあります。その中でも大切なことは、自分の周りを幸せにすることです。そしてスピードを上げて、ものごとに気づくようになることです。

自分の周りを幸せにすること

仕事をするうえで大事なことは、自分の周りを幸せにすることです。たとえば、自分だけが成功したいために周りの手柄を自分のものにしようと考える人もいるかもしれません。こういう人は仕事で大成することはまずありえません。なぜなら周りからサポートしてもらうことができなくなるからです。自分がピンチの状況になったときに、普段から自分だけが幸せになろうと考えている人を周りの人が助けてくれるでしょうか?答えはNOです。普段から自分の周りの人を助けて幸せを与える人には、人が寄ってきます。そして仕事でピンチの時があったときはもちろん、人生のピンチの時にも手助けしてくれるのです。自分だけが幸せで周りが不幸せという状況はありません。自分が仕事をするうえで成功したいのであれば、周りを幸せにすることです。そして周りをどんどん成功させるのです。そうすることが成功の近道です。

仕事はスピード

仕事をするうえで大事なこと、それはスピードです。素人とプロに違いは仕事のクオリティ以上にスピードが重要です。1日に5個しか作れない人よりは、100個作れる人のほうが仕事ができる人です。それが仕事というものです。よく、「仕事ができなくてすいません。」という人がいます。でも、こういった人は自分がグズであることに気づいていません。仕事ができないのは能力があるので仕方がないところもあります。でも、スピードは仕事に慣れていけば上げていけます。これは能力ではなくて意識です。できるだけ早く仕事をこなしていこうという気持ちがスピードアップにつながるのです。仕事ができる人は必ずスピードが速いです。

机の上がきれいである

仕事ができる人かどうかは机を見ればわかります。机が散らかっている人で仕事ができる人はまずいません。その理由は、机が散らかっていると大切なものがどこにいったのかわからなくなるからです。そしてすぐに探せません。この時点で仕事が遅れてしまいます。仕事ができる人というのは、机がきれいになっています。上司に「この書類を今すぐ持ってきて」と言われてすぐに持っていけます。このスピード感が仕事ができる人ということなのです。もちろん、これは机に限ったことではありません。身の回りのあらゆるものを整理整頓しておかないと、いざというときにチャンスを逃してしまうのです。要はだらしがないかどうかです。仕事ができるようになる初歩ですが大事なことです。

頼まれてもいない仕事までする

仕事というのは自分が好きな仕事だけできるものではありません。たいていは押し付けられた仕事になります。押し付けられた仕事をしっかりとこなすことは大切です。それによって評価されて自分のやりたい好きな仕事が回ってくる可能性があるからです。ただ、ここまでは普通です。もっと一流の仕事をしたいのであれば、頼まれてもいない仕事をすることです。押し付けられた仕事をしながら頼まれてもいない仕事をするのはとても労力がいることです。でもそれによって経験を積むこともできますし周りからも評価されて一目置かれるようになるのです。

仕事で大事なのは自ら考え気づくこと

仕事で大事なことは、自ら考え気づくことです。学校の勉強と会社の仕事の違いは、暗記では通用しないということです。学校では方程式を覚えて暗記をすることでテストで良い点を取ることができます。でも仕事ではそうはいきません。明確な答えが見えない問題がたくさんありますから、自らが考えて気づく必要があるのです。そのためにはフルに頭を使って考えるようにしなければなりません。ほかの人の意見ではなく、自分の頭で考え抜くのです。それが気づきにつながります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る