スキルアップ

仕事をゲーム感覚で行うことのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事が面倒だ、仕事がだるい、仕事に対してやる気がおきないと感じている人もいると思いますが、そんな時に仕事をゲーム感覚で行うと、仕事の効率も上がり生産性もアップする場合があります。

仕事をゲーム感覚で行なうことのメリット

会社で働く際に仕事に対してのモチベーションが全く上がらないという経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか。このモチベーションが上がらないという状態は仕事の生産性が著しく低下しますし、それが続いてしまうと働くことが嫌に鳴ってしまうこともあります。そうなると仕事自体を行うやる気もなくなってしまいますし、最終的には会社に行くのも苦痛になる恐れがあります。これは仕事自体を楽しめてないということが根本的な原因として挙げられ、仕事を楽しむことが出来ればおのずとやる気も出てモチベーションもアップすることが可能になります。そのためには仕事にゲーム感覚をとりいれることが非常に有効で、ゲーム感覚で仕事を進めることが出来れば楽しく仕事を行なうことが出来ますし、それによる生産性のアップにも繋がります。

ゲーム感覚=自分からやることに繋がる

ゲーム感覚で仕事をするということがどういうことかというと、自分から率先して仕事を行うということになります。仕事が面倒と感じている人はその多くが仕事をやらされているいう感覚に陥っていることが多く、やらされている仕事は自分の意思で行っていないため面倒だとか苦痛に感じることになります。学生時代の勉強を思い出すと分かりやすいと思いますが、親に言われて勉強をするのは苦痛だったはずですが、自分の目的のために勉強をするのはさほど苦痛ではなかったのではないでしょうか。これは自分から勉強をしていたのか、言われて仕方なくやっていたのかの違いで、自分で意識的に仕事を行なうことが出来れば、それは面倒だとかだるいといった感覚にはなりにくいことを意味しています。そのため仕事に対してもゲーム感覚を取り入れて自分から率先して仕事に取り組める環境を作り上げることが重要になってきます。このゲーム感覚は何でも良いわけで、仕事に対する目標を定めそれをクリアできたら自分にご褒美を出すとか、他の社員と競う形で仕事を進めていくということでも十分な効果が生まれることになります。

ゲーム感覚を取り入れる場合の注意点

ゲーム感覚を仕事にとりれることで自分から仕事に対し取り組む姿勢が出来上がります。その場合、目に見えてその結果が分かる形でゲーム感覚を取り入れることがとても重要になってきます。もしゲーム感覚を仕事に取り入れても、その結果が目に見えない形であると目標を見失うと共に達成感も感じることが出来ません。これではモチベーションの低下に繋がってしまうので、仕事の目標を定め結果が見える形を構築することでモチベーションを下げずに仕事を続けることが出来ます。達成感を感じられればまたその感覚を感じたいと仕事を続けることが出来ますので、必ず明確な目標などを設定することが重要です。目標を定めることでそれを上回る結果を残すことにもつなげることが可能になるでしょう。

ゲーム感覚でも責任感は持つこと

ゲーム感覚で仕事を行なうことで効率性のアップや嫌な仕事でも自ら率先して行なうことが可能になります。その場合に重要なのはゲーム感覚であっても仕事ということを忘れないことと、その仕事に対する責任感は持ち続けることが重要となります。仕事の場合ゲームとは異なり途中でリセットはできませんので、一旦始めた仕事に対しては責任感を持ち最後までやり遂げることが必要となります。この点がゲームと仕事との違いですし、ゲーム感覚で仕事をやる上での注意点となります。ゲーム感覚であっても仕事は仕事であり遊びではありませんから、その点をしっかりと理解して責任感を持ちながら仕事を進めていくことが必要となります。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る