コンサルタント・金融・不動産専門職のスキルアップ

仕事を本当に楽にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事を楽にする方法は3つです。「仕事の優先順位を決めて、今日中に処理しないと帰れない仕事をやる」「単語登録とショートカットキーを使いこなす」「机の上や引き出しに余計なものを置かない、入れない」です。

仕事を楽にこなしていますか?仕事は「片づける」「処理する」と言われるようにひとつひとつにじっくり取り組むものではありません。会社員だったら、次々にやってくる仕事をどんどん片づけ、処理しなければなりません。そして仕事を楽にこなしていきましょう。今回は、仕事を楽に片付ける、処理する方法をお教えします。

仕事の優先順位を決めて、今日中に処理しないと帰れない仕事をやる

仕事は常にリスト化しておきましょう。そして、仕事の優先順位を常に決めておきます。

「今日中に処理しないと帰れない仕事」
「今週中に処理しないと帰れない仕事」
「それ以外」

ぐらいでいいでしょう。そして、今やるべき仕事は「今日中に処理しないと帰れない仕事」です。この仕事から手を付けて、さっさと終わらせます。そして「今日中に処理しないと帰れない仕事」が片付いて、定時になったら帰ります。残業して「今週中に処理しないと帰れない仕事」に手を付けるようなことはしません。ここで残業をしてしまうと、疲れて翌日の仕事の効率に影響が出るかもしれません。仕事は効率的に行った方が良いので、やるべき仕事を業務時間中に終えられるように努力しましょう。さらに、仕事は偉い人から、最後に頼まれた順番に処理をしていくと、あなたの評価が高くなります。

単語登録とショートカットキーを使いこなす

仕事でパソコンを使っている会社員であれば、単語登録とショートカットキーを有効活用しましょう。

単語登録は、例えば「おつ」と入力すれば「お疲れ様です。」と表示されるように登録しておきます。「おせ」と入力すれば「お世話になっております。○○株式会社の××です。」と表示されるように登録しておきます。これを多く登録しておけば、メールの文章の書き出しと終わりは、あっという間に入力できます。

また、ショートカットキーも活用しましょう。【Ctrl】+【C】のコピーは基本です。【Ctrl】+【Z】の戻るや、【Windows】+【D】のデスクトップの表示なども使いこなせるようになりましょう。キーボードとマウスの間で手を入れ替えなくなると、パソコンの処理スピートはぐんと早くなります。ちなみに、コンサルタント会社では、入社後、マウスを利用していると、先輩社員からマウスを取り上げられてしまうこともあるそうです。

机の上や引き出しに余計なものを置かない、入れない

仕事に集中できない理由は、余計なものが目に入って、余計なことを考えるからです。職場の机の上にはPC、電話、ペン、メモ以外は置く必要がありません。帰る時には、袖机にしまって、机の上には電話とPCのみが置かれている状態にしましょう。万年置いている置き物は仕事に必要ですか?

また、職場で必要なものは自分の袖机にあるキャビネに収まるだけにしましょう。使わない文具は捨てましょう。仕事に必要のない私物は家に持ち帰りましょう。読まない書類は捨てましょう。捨てられない書類なら、複合機でスキャンしてから捨てましょう。

仕事が出来る人の机の上には物が置かれていないし、袖机の引き出しはガラガラだし、手ブラで会社に来ます。本人にこれらを指摘すると「物が必要ですか?」と逆に聞かれます。確かに、会社で規定があるわけではないので、全く問題はありません。むしろ本人は楽そうに見えます。誰でも実践可能な方法です。これで仕事が出来るようになるなら、明日から実践してみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか?仕事が楽になる方法の中でも、すぐに誰でも実践できる方法を今回はご紹介しました。仕事が楽になると、仕事を早く処理できるようになり、自分のペースで仕事が出来るようになります。周囲からも頼りにされるようになり、上司からの評価も上がっていきます。机の上も頭の中もスッキリした環境で仕事ができるように、色々整理してみましょう。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る