スキルアップ

仕事を楽しむために必要なこととは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人として働き始めると仕事に追われる毎日を過ごすことになります。しかしこの仕事に追われるという考え方を仕事を楽しむという考え方に変えることが出来れば、楽しく仕事を進めることが出来ます。

仕事を楽しむためには?

仕事というものは社会人にとっては非常に辛いと感じられるものの代表といえます。しかし仕事が好きで仕事ばかりしている人や、実に楽しそうに仕事に向き合っている人の姿も良く見かけます。これはその仕事を楽しんでいる証拠であり、仕事が辛い、楽しくないと感じている人とはまさに真逆の状態です。そういった人をよく観察してみると、仕事に対する向き合い方が全く異なっていることに気づきます。基本的に仕事を楽しむことができない人は、仕事をやらされていると感じている人がほとんどで、やらされているという感覚が仕事を楽しむことを邪魔していると言えます。逆に仕事を楽しんでいる人は自分から率先して仕事と向き合い、その仕事に情熱を傾けているのが良く分かります。これがやらされていると感じるのか、それとも自分からやっているかの大きな差だといえるでしょう。自分から仕事をうやる人は、その仕事が好きだということがその仕事ぶりからも伝わってきますし、明確な目標を持って仕事をしていることも分かります。やらされている場合には目標などを決めているわけでもなく、その仕事が好きでやっているわけでもないので全く楽しくない、むしろ苦痛だと感じてしまうのです。そのため仕事を楽しむためにはまず自分の仕事に対する意識を変えることか始める必要があります。

仕事に対するご褒美を用意しよう

仕事というものをやる目的は様々あると思いますが、ほとんどの人は給料を稼ぐために仕事をしているというのがほとんどでしょう。この給料というものは仕事に対する対価であり、仕事で業績を上げればそれだけ給料や賞与として跳ね返ってくるものです。そのため仕事をして給料を貰い、それで自分にご褒美を買うということも仕事を楽しむようになるためには必要なことだと言えます。ご褒美のために仕事を頑張ると聞くと、なんとも邪な考えだと感じる人も射るかもしれませんが、誰しもボランティアで仕事をしているわけではなく、そこには必ず報酬が存在しているわけですから、ご褒美を楽しみにして仕事をやることは決して間違いではありません。最初はご褒美目当てであっても、仕事を頑張っているうちには仕事に対する愛着ややりがいも見出せてきますし、それが仕事を楽しむということに繋がっていくことにもなります。そのため仕事を楽しむための最初の動機は何でも良いわけで、仕事終わりに同僚と飲みに行くのを楽しみに仕事をするのも良いですし、仕事で得た給与を貯めて行く事に喜びを感じるのも良いでしょう。それが仕事を楽しむことに変化していくこともありますので、まずは自分から仕事に向き合えるようにすることが重要です。

仕事を深刻に考えないこと

仕事を楽しめない人は仕事に対して深刻に考えすぎたり、ミスなどをして怒られるといった心配をしている場合が多いと言えます。このような状態で仕事をしている場合、精神的なストレスばかりが溜まり仕事を楽しむ余裕など一切生まれる余地がなくなってしまいます。その為まずは仕事をそれほど深刻に捉えずに、あくまでも仕事は仕事、それで命までとられることはないくらいに考えて仕事をするほうが仕事を楽しむ余裕が出来ます。要するに仕事だと割り切ってしまうことが大事で、割り切ることで肩の荷も下りて気分的に楽な状態で仕事に向き合うことが出来るでしょう。そうすることで今まで見えていなかった仕事の楽しさなどにも気づくことが出来ますので、まずは精神的な負担を軽減し、心に余裕を持つことも仕事を楽しむようになるためには必要でしょう。仕事が楽しくなるとそれに伴い自分の業績や生産性のアップにも繋がりますので、楽しめるだけの余裕を生み出せるようになりましょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る