ITエンジニアのスキルアップ

仕事中の休憩時間の有意義な過ごし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事をしている人ならば誰でも休憩時間を持っています。同じ休憩時間でも有意義に過ごす事が出来る人もいれば、そうでない人もいます。どのように過ごすのが有意義な休憩時間の過ごし方なのでしょうか?

仕事をしているならば、休憩なしで働き続ける事はできませんので、だれでも休憩時間を持っています。特にサラリーマンとして働いているなら午前中、お昼、そして午後に休憩時間がある人も多いかもしれません。その休憩時間をいかに有効に使えるかどうかが、仕事を成功させる一つのキーポイントとなってきます。ではどのように休憩時間を有意義に過ごす事ができるでしょうか?

休憩時間の目的を知る

会社が休憩時間を設けているのはなぜでしょうか?確かに休憩時間がなければ、その時間も働くわけですから会社にも利益があるはずだと計算する事もできるはずです。しかし私達はロボットではなく生身の人間です。ですから何時間も働きずくめでいると、作業効率が落ちてきます。それで企業としても、休憩時間を設けたほうが、結局は作業効率が高く保たれたり、良いアイディアが出やすくなったり、人間関係のトラブルが少なくなると考えています。それで理解できる点として休憩時間は仕事をする時間ではないという事です。それでいくら忙しいといっても休憩時間中に仕事をするということを避けましょう。
そして、出来るだけリラックスしたり、気分転換を出来る時間にするなら、企業が設けている休憩時間の目的にもかないますし、心身がリフレッシュします。

どのように休憩時間をリフレッシュのために当てられるか

休憩時間にリラックスしたり、リフレッシュしたいと思ってもなかなか難しい事があります。ありがちなのが、オフィスの自分の机でお弁当を食べた後に、パソコンでネットサーフィンをしていたら、気がつくと休憩時間が終わっていたという事です。仕事をしている時には嫌でも自分の机に座っているのですから、休憩時間くらいはその場所を離れて、自分の時間をとりましょう。多少疲れていたとしても、外に出て綺麗な空気を吸うと気持ちが晴れるものです。もしかしたら外に出て食事をするのも良いかもしれません。お気に入りのレストランを見つけてそこに通うのも良いですし、オフィスの近くの公園などでお弁当を広げる事もできるでしょう。会社に屋上があるならそこも利用する事ができます。

とことん休憩する

やはり休憩時間ですから、睡眠のために時間を取り分ける事ができます。ある研究では昼食を食べた後に15分ほどの睡眠をとると、脳が活性化され、午後もリフレッシュした気持ちで仕事に望む事ができると証明されています。それで、オフィスで睡眠をとる事ができる場所を探して、少しでも横になるようにしましょう。もし横になることの出来る場所がなかったら、目を閉じてリラックスしましょう。そのときにウォークマンなどでお気に入りの音楽も聴けます。目から入る情報は多くて、目を開けているとそれだけで脳は入ってくる情報を処理するために動いています。それで目を閉じるだけでも脳を少し休め、休憩時間の後の仕事の益につながります。

軽い運動をする

休憩時間なんだから、体を休めたいと思うものですが、疲れを取るためには軽い運動が良いといわれています。もしずっと座りっぱなしの仕事をしているなら、慢性的な運動不足になっていて、肩こりや倦怠感を感じる事が多くなってきます。それで、すこしウォーキングをしたりストレッチをして体を動かす事ができます。そうするなら体の血行が良くなり、脳も活性化されます。またそうする事によって新しいアイディアが出やすくなるという事も観察されています。

このように仕事中の休憩時間を有意義に過ごすコツは沢山あります。どれが自分に合うかをよく吟味して、仕事の効率アップにつながる休憩時間にしましょう。そうするなら、心身ともにリフレッシュした形で仕事に望む事ができ、自分にとっても、会社にとっても益になります。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る