スキルアップ

代理店営業の仕事内容と必要なスキルとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代理店営業とはどういった仕事をするのか?また代理店営業の仕事に必要なスキルとは?今回は代理店営業の仕事を調査しました。

代理店営業とは?

商品の販売やサービスの提供を行う場合、それを扱うお店がなければいかに良い商品やサービスであっても、世間一般に広まることも使って貰うことも出来ません。その為販売店を増やすことは商品の販路拡大やサービスの知名度を上げるためにとても重要なポイントとなってきます。自社で販売を行うだけではどうしても費用面や店舗の拡大に限界がありますので、商品やサービスを自社の代わりに代理で販売してくれるパートナーが必要になります。それが代理店と呼ばれる存在で、その代理店を開拓し販路を広げていくことになるのが代理店営業と呼ばれる仕事となります。代理店営業は自社の商品やサービスを個人に販売するのではなく、それを販売してくれる代理店を如何に見つけ出し契約を取れるかが仕事となりますので、代理店営業の活躍次第で会社が大きくなれるかどうかが決まるとっても過言ではないでしょう。

代理店営業の仕事内容

代理店営業の主な仕事内容としては、自社の製品やサービスに賛同してくれるパートナーの開拓が最も大きな業務内容となります。そのためには製品やサービスを扱ってくれそうなパートナーとなり得る顧客のリストアップが必要となりますし、リストアップした顧客に対するアプローチや興味を持ってくれた場合の説明なども仕事の一つとなります。アプローチに関しては昔であれば電話や自分の足で出向きアプローチを行うと言う方法でしたが、現在ではインターネットの普及によりHPからのアプローチやメールでのアプローチ、SNSでのアプローチと言った具合に様々な方法が増えてきていますので、そういった方法を駆使していかに効率的に賛同してくれるパートナーを見つけ出すかが代理店営業の重要な仕事となります。効率が悪ければ経費ばかりが嵩むことにもなりますので、そういった無駄を省きながら営業を成功させることも営業マンには求められることになります。それだけではなくもし代理店契約を結べた場合にはその代理店での販売サポートなども行う必要があり、新製品が出た場合にはその製品の説明や売り方の指導や、代理店での売り出しなどの企画やその売り出しのヘルプなども代理店営業の仕事となります。さらにはパンフレットの補充や店舗装飾の準備、代理店での販売方法や売り上げアップを行うためにはどうすればよいかと言った勉強会なども代理店営業が行うべき業務となります。代理店営業は単に代理店との契約を結べばそれで終わりというわけではなく、契約を結んだ代理店を陰から支える役割も担うことになります。

代理店営業に必要なスキル

代理店営業の仕事に必要なスキルとしては、自社で扱う製品やサービスに精通していることが最も必要なスキルとなります。代理店になってくれるパートナーを見つけるわけですから、製品やサービスを把握していないようでは代理店営業は務まりません。それと
代理店との密な連絡なども必要となるため、コミュニケーション能力の高さも求められます。話術が巧みであることや相手の話を理解できる理解力などコミュニケーション能力が高ければそれだけ代理店契約を結びやすくなりますし、その後のサポートに関してもコミュニケーションが良好であればスムーズな取引が可能となります。それと自分自身を代理店に信頼してもらうことも重要となりますので、約束を反故にしない、連絡がなかなか取れない、代理店からの要望を正しく理解できないといった信頼を失うような行動をとる人は代理店営業には向いていない人となります。代理店営業には高い信頼性が求められますので、人間性の高さも必要な要素となります。行動力も必要で、スピーディな行動が出来る人ほど代理店営業に向いていると言えるでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る