ベンチャー・中小企業に転職

動画系ベンチャーとは?その仕事内容とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンの普及と、モバイル端末の通信速度の向上により、動画コンテンツに注目が集まっています。今回は動画を扱うベンチャーである動画系ベンチャーを調査しました。

動画系ベンチャーとは?

昔とは違い、現在では様々な方法で動画を視聴することが可能になってきています。一昔前であればテレビ番組を見るという選択肢しか存在していませんでしたが、現在ではインターネットの普及によりパソコンでもスマートフォンでも動画の視聴が可能となっていますし、個人レベルでの動画製作や公開も出来るようになってきています。その為この1~2年は動画元年と呼ばれるほど動画製作などの普及率が進み、動画系ベンチャーと呼ばれる業種もその規模を大きく拡大してきています。動画系ベンチャーとは動画を製作・公開したり独自の動画サービスの構築などを行う企業のことで、コンテンツベンチャーとも呼ばれる部類の業種となります。現在数多く動画配信サイトや動画配信サービスが登場してきていますが、それらを扱っているのが動画系ベンチャーとなります。

動画系ベンチャーの仕事

動画系ベンチャーの仕事内容としては、企業から依頼された内容に沿った動画製作や納品だけでなく、独自のオリジナルコンテンツの制作や配信といった業務も行う事になります。基本的に動画というものを電波に乗せて流すためには、テレビ局のように放送免許を取得してテレビを通じて番組を放送することになりますが、これは大手テレビ局のみが放送のための権利を独占してしまうため他の業種が入り込む余地がありません。しかし動画系ベンチャーが進出するのはテレビと言った固定された世界ではなく、webを利用した動画配信や新たなサービスの提供ですのでその可能性は無限大となりますし、対応している機器が増えれば増えるだけその可能性も大きくなっていきます。その為対応機器を増やすためにコンテンツの調整や、様々な機器で使用出来るようにするためのソフトやアプリの開発なども動画系ベンチャーでの仕事となります。その他にも既存のサービスを利用してその中での動画配信を行ったり、動画製作などのプロデュースなども手掛ける場合があります。常に新しい動画を生み出すと言う非常にやりがいのある仕事となりますし、どのような動画が世間で受け入れられるかといったことを考えるのも非常に楽しい仕事となります。まだ動画という世界が世間に受け入れられて年数も浅いですので。これからの成長が非常に期待できる業種だと言えます。

動画系ベンチャーに必要なスキル

動画系ベンチャーに必要となるスキルとしては、やはり動画を扱うことになるため動画製作や編集といったスキルは必要不可欠となります。そのため動画を撮影する機器やそれを編集する機器などにも精通していることが重要となりますし、動画を配信するためのプラットフォームなどにも詳しくなくてはいけません、その為パソコンや通信などの知識が豊富であることも動画系ベンチャーを行うためには必要となるでしょう。それと新たな動画を生み出す、今までにない動画配信システムを構築するということも、動画系ベンチャーの仕事の中ではとても大きなウエイトを占めることになりますので、これから先どのような動画視聴が望まれているのか、どういった内容の動画が好まれるのかという世間が求めているものを先取り出来る思考能力も欠かせない要素となります。特に動画製作はインスピレーションや創造性の高さがとても重要となりますし、動画製作の際のコンプライアンスを重視するということも必要となってきますので、ただ単に動画を作ればいいと言うわけでは無く、社会的概念や守るべき法律を正しく理解できることも要素としては必要となります。それと次世代を見据えることが出来ることが動画系ベンチャーで成功するためには必要ですので、既存のサービス概念を超えることが出来る発想力も持ち合わせていると良いでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る