ベンチャー・中小企業に転職

医療系ベンチャーは医薬に関わる分野で活躍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

医療系ベンチャーと聞くと研究者や技術者をイメージする方もおおいと思います。しかし、企業である限り様々な人が活躍しています。研究者だけでなくどのような人材が医療系ベンチャーに必要なのかを調査しました。

新しい研究開発を進める

医療系ベンチャーでは、新しい医薬品の開発、そのために必要な研究が行われています。新しい薬を開発するためには、膨大な研究が必要となっており、確実に効果があることを示さなければなりません。医薬品の研究を行うことはもちろんですが、それ以外にも臨床実験を行ったりして、結果を出すことになります。この研究結果が、実際に薬という形で提供されることになり、多くの人を助けることになります。研究員として仕事をしている方は、とにかく新しいものの開発、既製品の大幅なリニューアルの検討をすることになります。

結果については、様々な研究院との相談を行ったうえで、本当に薬として提供するのかどうかを判断することになります。研究結果としてはいいものと考えても、それが他に販売されている薬だったり、副作用が強いことが分かっているなどの問題は、販売するときに苦労するポイントとなってしまいます。そのようなことが起こらないように、トラブルが起きてしまうようなものについては製品化しないようにしています。

多くの研究によって、新しい結果が生まれてくることもあるくらいで、非常に大事な仕事といえます。現代の薬は、研究開発によって多くが成功を収めており、今までに販売されていない薬ができたり、販売されているものよりも強力にすることができたりと、研究の結果によってさまざまなものが生み出されます。

なお、近年はジェネリック関連の医療系ベンチャーも存在しており、安く薬を作ることができないか、研究開発をしているところもあります。医薬品の中には、かなり安く販売されているものもいくつかありますが、そのジェネリック医薬品は、研究員が検討した結果によって、生み出された結果なのです。

医薬品の宣伝のために営業を

作った医薬品については、知ってもらわない限り利用してもらうことが難しいために、医薬品の宣伝を行うための営業を行う必要があります。宣伝を行って、利用してもらうことを考えてもらわないことには、医療系ベンチャーは利益を上げることができません。新薬については、知ってもらうために営業をすることが重要なポイントになっており、営業をしている人は、病院などに利用してもらえるように話を進めてもらうことになります。

どのような効果を持っているのか、営業の人は説明をしなければなりません。ここで重要になってくるのが、臨床実験データの公表だったり、実際に効果があることが分かっているなどの話です。この話が出てこないことは、薬として大丈夫なのかの判断が付かないので、利用してもらうことが難しくなります。営業をしている人は、とにかく利用してもらえるように、様々な場所を回り、宣伝をすることになります。

どのような薬を作るのかの企画も

医療系ベンチャーでは、企画を行って作るべき薬を考えている場合もあります。その理由として、医療系ベンチャーでは、この薬を作ることによって、幅広く展開できるのではということを常に考えているからです。企画担当になっている人は、現在必要とされている薬を考案して、それを研究員に指示を出し、研究してもらうことになります。

販売されている他の医薬品から、自社でも作成することができるだろうと考えているものを1つ選び、医療系ベンチャーとして開発を進めていくことになります。この企画は、多くの人が話し合う場で公表されて、実際に大丈夫なのかを判断されたうえで、開発するかを検討されます。医療系ベンチャーは、こうした企画段階で、しっかりとやれないことには進めることができないので、基本的に企画担当の人はすごく重要な役割を持っています。ここがしっかりしていないと、新しいものが次々と生まれないのです。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る