スキルアップ

受付の仕事と必要なスキルとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受付とはどういった仕事をするのか?受付の仕事内容と必要なスキルとは?受付の仕事を調査しました。

受付の仕事とは?

受付の仕事とはその会社に訪れたお客様の対応を行う全般の業務が受付となります。来訪者への応対、また適切な訪問部署などへの案内、そして電話の応対、さらには会議室などの予約やアポイントメント、また起業などによっては、訪問者にお茶出しなどを行うこともあります。

訪問されたお客様に対し、適切に場所を案内することも必要ですし、また一人一人のお客様に対し、失礼のない対応をしなければならないというのが受付の主な業務です。来訪したお客様からすると会社の顔であり、第一印象を決定することになりますので、責任は重大です。特にビジネスマナー、コミュニケーション能力が必要とされます

さらに、定期的に訪れるお客様の名前、また職業、そして企業名を覚え、失礼のない対応を取らなければいけません。また社内の担当者や用件を把握しておき、スムーズに対応をすることが求められるのです。また、はじめて訪れるお客様にも、場所などを正確に案内し、案内に不手際があってお客様が建物内で迷われたりしないように努めなければいけません。

受付に求められるスキル、人財

受付の仕事は高いビジネスマナーが求められます。このため、マナーがしっかりとしていることなどがスキルとしては重要です。またコミュニケーション能力が優れており、人と接することが好きなどの、ヒューマンスキルも問われます。さらに、人を不快にさせないような細やかな気配りも大切です。
女性ならではの細やかさが活かせる職業ですが、常に笑顔で、かつ臨機応変に対応をしなければなりませんので、計算をして業務をこなす姿勢が必要となります。最近では、企業での受付は派遣社員などが勤務していることが多いですが、働く場所は増え続けています。たとえば、複合オフィス、または、百貨店、またショッピングモール、エンターテイメント施設など、インフォメーションでも求められています。また、病院やクリニック、美容院など、受付の活躍の場は非常に多いです。受付で働くといっても、その企業、また場所に寄り業務は異なります。基本的に立ち仕事となりますので、体力も必要とされます。

受付の勤務形態について

受付の勤務形態ですが、その勤め先によっても異なります。企業においては、土日祝はお休みであることも多いですが、ショッピングセンター、または百貨店、アミューズメント施設などにおいては、平日土日祝は問わず、交代制のシフト勤務となることが多いです。また、採用先の勤務条件等もそれぞれ異なります。受付の正社員での採用もありますが、派遣社員、契約社員、またはパートでの採用なども近年では増加傾向にあります。

受付の仕事は、基本的に女性の多い仕事となりますので、女性ならではの気配りやコミュニケーション能力が必須となる仕事です。転職においては、特に資格などは求められませんが、英語、中国語などの語学が堪能であれば、さまざまな受付で活躍することが出来たり、重宝される可能性が高いです。またビジネススキルが必要とされる仕事ですので、秘書検定やマナー検定などの資格があれば、重宝されることもあります。
接客業なので、接客経験なども問われることが多いです。

受付の平均年収

平均年収目安は、328万円 です。
ご紹介している平均年収は、全年齢を対象にした平均値の目安年収(30代前半程度の年収帯)です。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る