仕事を探す

商品企画の仕事とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商品企画の仕事は非常に人気です。将来は自分で企画した商品やサービスを市場に提供したいと思っている人も多いと思います。でも未経験者は商品企画の仕事内容って具体的にはどんなことをするのか分かりません。今回は商品企画の仕事内容について調べてみました。

商品企画の仕事とは

企業にとって自社で製品やサービスを市場に出し利益を出すことが使命であることは誰もが知っていることです。この使命をキチンと果たし、収益を上げるためには、市場に受け入れられる製品・サービスづくりが必要であることは言うまでもありません。購入して頂き利用してもらうことで、お客様に喜んでもらえることは、とても価値のあることです。そのためにも、お客様に受け入れられる製品を作る努力を怠ってははならないのです。そのために重要なポジションとなるのが、商品企画です。商品企画の仕事は、人気のある魅力的な製品を作り上げることです。

作ると言っても、実際には設計、製造という過程においては、開発技術者から生産スタッフと多くの人が携わることになりますが、商品企画は、どのような製品であれば、販売が伸ばすことができるのかを製品開発企画から販売までトータル的にコーディネートする仕事と言っても良いいでしょう。

商品企画の押さえるべきポイント

製品を商品として作り上げるのですが、商品の売れるポイントは下記の3点です。

  • 仕様
  • 価格
  • 納期

商品企画の押さえるべきポイント1 仕様

仕様とは性能、機能を指しています。製品を企画するに当たり、大事なことは開発コンセプトを明確にすることです。
どのような顧客層にどのような仕様の製品を出していけば、受け入れられるのか?そのためには、マーケットリサーチを行う必要があります。

販売店、既存の取引先、あるいはアンケートなどによるヒアリングなどで、市場の声を聞くことが必要です。その上で、設計技術者を交えて、製品開発の是非を議論することになります。この段階で、もう一つ重要なことは、企画台数(販売見込み数)です。

商品企画の押さえるべきポイント2 価格

台数が多ければ多いほど、規模の経済効果が効き価格を安くすることができます。価格設定でも充分に利益を確保できる価格設定にしなければなりません。その時に、どの程度の販売者数が見込めるのかも、マーケットリサーチの中から導き出すことが必要になってきます。同業他社の実績や業界団体のまとめている市場規模レポートからの予測、販売ルートからのヒアリングからのシュミレーションです。これにより適切な販売数と価格案をまとめていきます。

ここまで来ると、市場投入をすることになるのですが、可能であればサンプル品やβ版を作り販売ルートを通じて、市場の声を聞くプレマーケティングを行ったり、展示会で参考出品として出しながら、直接、お客様の意見を聞くことも必要でしょう。

商品企画の押さえるべきポイント3 納期

これで更なるブラッシュアップができれば上出来です。最後に求められることは納期です。折角、良い製品が出来上がっても、在庫不足やローンチが間に合わないと販売期間ロスにつながってしまいます。いわゆる機会損失です。

これを避けるためには、販売が伸びるシーズン、タイミングを図りながら、工場や開発側との連携が必要になってきます。また、販売代理店や広告宣伝部門の協力もらいながら、市場へのPRを並行して行っていきます。このようなことを整えながら、製品を販売開始することになるのです。

商品企画は、新製品を作るにあたり、多くの項目を押さえていかなければなりません。しかし、一部門で進めることは、非常に難しく他部門との連携強化を図りながら進めて行くことが重要です。収益向上につながる製品作りの原点は、お客様の要望を適確に応えることが、基本であるということを忘れてはなりません。

商品企画の平均年収

平均年収目安は、 517万円 です。
ご紹介している平均年収は、全年齢を対象にした平均値の目安年収(30代前半程度の年収帯)です。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加