スキルアップ

営業アシスタントとは 仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

営業アシスタントとはどういった仕事をするのか?また営業アシスタントの仕事に必要なスキルとは?今回は営業アシスタントの仕事を調査しました。

営業アシスタントって?

営業アシスタントという職種を皆さんは御存じでしょうか? 恐らく知らない方も多いのではないかと思います。営業アシスタントというのは外回りが多くデスクワークが出来ない営業職に代わって事務を代行したり、スケジュールの管理、メールや電話の対応などを行うサポート職です。仕事としては一般事務に似ていますが事務全般を請け負うのではなく営業のサポートに特化しているのが営業アシスタントの特徴です。

メインで動くのは営業であり営業アシスタントはその背中を支える立ち位置ではありますが、ただ言われるままに雑務をこなせばいいというわけではありません。業務内容や販売しているサービスをしっかりと把握し、営業スタッフがスムーズに業務を行えるように段取りを整えなくてはいけません。言われることをやるのではなく営業が動けるようにこちらから状況を整えておくのが営業アシスタントの仕事なのです。

基本的に裏方ではありますが営業のアポ取りや電話対応など顧客と直接相対する機会も営業アシスタントには少なくありません。そう言った場合にはある程度営業に近い知識や能力を求められます。裏方ではありますが営業チームの一員であり自身も責任のある立場なのだという自覚が営業アシスタントにも求められます。

営業アシスタントはその仕事内容から働き次第で営業職の成績にも大きな影響を与えます。優秀な営業アシスタントを抱えるところではやはり営業が成功する可能性も高くなっていくようです。なお基本的に営業アシスタントは残業が少ない場合が多いようです。しかし営業職のサポートという職務上、営業職の業務の進行によってはその影響を受ける形で残業が発生することもあります。正に営業と一心同体の職務だと言えるかもしれません。

営業アシスタントに求められるスキル

営業アシスタントになる為に必須の資格などはありません。ですが資料や契約書などの作成が多くなる職務的にワードやエクセルなどの基本的なパソコンスキルは必須だと言えるでしょう。場合によっては顧客情報や販売状況などのデータを管理分析するスキルを求められることもあるかもしれません。

さらに営業アシスタントは営業職のサポートをするのが職務です。ですので円滑な連携を行う為にも営業職とのコミュニケーション能力は必須ですし、細かい気配りや気遣いが求められます。ミスの気配を感じたらそれをさりげなく伝えることも必要ですし、そのフォローの算段も整えておかなくてはなりません。様々な状況に対応できる臨機応変さも営業アシスタントには必須のスキルだと言えるでしょう。

営業アシスタントになるには

営業アシスタントは未経験者でも募集が多く見受けられる職種です。しかしスキルのところでも述べた通りパソコンの基本的なスキルがあれば有利ですし、一般事務や秘書などの経験があれば優遇されるでしょう。募集の幅も広く正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトと雇用形態は様々です。自身のライフスタイルに合わせた選択が行えるでしょう。

営業アシスタントはニーズの高い職種ですので地道に経験を積んでスキルを磨いていけばキャリアアップを狙うことも可能な職業です。興味を持ったなら一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る