スキルアップ

外回りだけが営業ではない 内勤営業に必要なスキルと仕事内容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外回りばかりが営業じゃない。営業には外もあれば中もあります。今回は内勤営業とはどういった仕事をするのか?また内勤営業の仕事に必要なスキルとは?内勤営業の仕事を調査しました。

内勤営業の仕事とは?

営業の仕事と言えば外回りをして飛び込みで営業を行うと言うイメージだと思いますが、内勤営業と言う仕事は外回りを行わず店舗の中で来客されたお客を相手に営業を行う仕事となります。基本的には来店されたお客の希望や欲しいものを理解し、その希望に沿った商品やサービスを提供、提案するのが仕事となります。内勤営業の仕事に当てはまるものとしては保険などのカウンター業務や旅行会社のカウンター業務、携帯電話の販売店でのカウンター業務といった仕事が内勤営業に当たりますし、家電量販店の店員なども大きなくくりの中で考えれば内勤営業になると言えます。要するにお店の中でお客に対して商品やサービスを紹介したり勧める仕事は内勤営業と言える仕事ですので、その範囲は非常に広いものとなります。

内勤営業に必要なスキルとは?

内勤営業を行う際に必要なスキルとしては特別な資格などは必要ありませんが、来店されたお客の要望を瞬時に理解し汲み取れる能力や、その要望に対し的確なアドバイスや提案を出来る判断力などが必要不可欠になります。店舗に訪れたお客はある程度自分の希望する商品やサービスを頭の中に入れてきている場合もありますので、話を聞いたうえでそれに当てはまる商品・サービスをいかに素早く提供できるかが内勤営業には必要となります。もし内勤営業の仕事に従事しているのになかなかお客の希望を読み取れない場合や、希望とは異なる商品やサービスを勧めてしまうような場合、それは相手の要望を満たしていないと言うことになりますし、間違った提案をしていることにもなりますので、そういったミスが起きないように自分の従事する仕事で扱う商品やサービスを正確に理解して頭の中に入れておけるかも内勤営業には必要となります。商品などの説明も内勤営業の重要な仕事ですので、知識が豊富であることは必要不可欠なスキルとなります。それと柔軟な思考も必要で、お客が求めているものが無い場合、それに代わる商品やサービスをすぐに提供できるかも内勤営業には必要となりますので、それは出来ない場合はスキル不足ということになり売り上げなども伸ばすことが出来ないでしょう。

内勤営業に向いている人とは?

内勤営業はお客を相手にする仕事ですので、基本的に内向的な性格の人には向いていない仕事となります。その為人と話すのが苦手ではない人、話すのが好きな人は潜在的に内勤営業向きの性格であると言えます。それとサービスや商品を上手く紹介できる能力も必要ですので、話術に長けている人は内勤営業には向いているでしょう。お客の話に耳を傾け、話の内容を正しく理解できる能力も必要となりますので、聞き上手であると言うことも内勤営業には必要ですし、聞くのが得意な人はその仕事に向いていると言えます。このように話し上手で聞き上手である人ほど内勤営業向きの性格であることがいえますし、頭の回転が速く機転が利くということも内勤営業向きだと言えます。内勤営業の場合店舗内でいかにお客に対し短時間でサービスなどを提供できるが出来るかが重要ですので、頭の回転の速さは内勤営業での武器となります。それとお客相手の仕事ですので感情が顔に出る人は向いていないと言えますし、常に笑顔でお客に接することが出来、子供連れやお年寄りといった幅広い年齢層に対応できる柔軟性を持ち合わせている場合も、内勤営業に向いているでしょう。男性よりも女性のほうが内勤営業に向いているとも言われており、お客に対する第一印象が男性よりも女性の方が柔らかいことが理由となっています。もちろん男性でも内勤営業の人は多いですので、人当たりの良い人は内勤営業の仕事に就くと成功しやすいでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る