ベンチャー・中小企業に転職

大手企業からベンチャーに転職して成功する人材とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大手企業とベンチャー企業。両者を比較すると、まったく対照的な文化を持っていることがわかります。
文化が違うということは、当然そこで働く人のタイプも違うということになります。
近年、大手からベンチャーへ転職する人が増えているようですが、文化の異なるベンチャーへの転職で成功するために必要なことについて考えてみたいと思います。

大手企業とベンチャー、それぞれの文化を比較してみる

大手企業の最大の強みは何かと言えば、まず挙げられるのはそのブランド力。一方ベンチャーの最大の強みと言えば、やはりベンチャースピリットであろうと思われます。これだけを見ても大手が王者で、ベンチャーが挑戦者という構図が見えますよね?

人材育成という部分で見ると、大手企業が系統立った長期的視野での人材育成を行うのに対し、ベンチャーの場合は自己学習による成長が求められます。仕事の部分で見ると、大手は適材適所に人材を配置し、整った環境において与えられた職務を全うするというのが基本です。ベンチャーでは仕事も環境も自分が作るのが当たり前であり、与えられた職務を全うするのではなく、あらゆることをやって結果を出すことでしか評価はされません。

つまり大手企業とベンチャーにはあらゆる部分において異なる文企業化があり、またその違いこそが大手企業からベンチャーへ転職したいと考える人の転職動機となっていると言えるでしょう。

大手からベンチャーへの転職で気をつけるべきこと

ここまでお話しした通り、大手とベンチャーではまったく違う文化のもとにあるということをまず覚悟しておくべきです。大手からベンチャーへの転職に限らず、転職者のほとんどは前の職場と転職先とを比較してしまいがちです。大手企業の場合、組織が整備され職務に没頭できる環境も用意されています。しかしベンチャーではあらゆることを自分でやらなければなりません。来客へのお茶出し、コピー、出張の手配、資料作成……これまで部下や他部署に任せていたことなどすべてを自分でやることになります。つまり、自分の仕事領域を決めつける考え方は通用しません。

黙っていても仕事が与えられる大手とは違い、ベンチャーでは自らが仕事を創りだすことが求められます。ベンチャーの醍醐味が「自分の力で会社を成長させていくこと」だとすれば、そのために自分に何ができるのか・自分が何をしたいのかを常に考える必要があります。

ベンチャーに転職して成功する人材

では大手企業からベンチャーへ転職し成功するのはどんなタイプの人でしょうか?

①リスクをメリットと捉えられるか
大手のように限られた領域の仕事をこなすのではなく、ベンチャーでは一人一人が幅広い領域の仕事を担当します。責任の分担が少人数に振り分けられるため、当然リスクも大きくなります。そのリスクをどう捉えるかがベンチャーで成功するかどうかのポイントとなります。

②仕事を愛せるか
仕事の領域が広く責任も大きいということは、当然労働時間は長くなり、大手のように土日は休みというわけにはいきません。プライベートに費やす時間は削られ、疲労の度合いも増すかもしれません。そう考えると、好きな仕事であることが絶対条件であり、自分がほんとうにやりたいことなのかどうかを入社前に熟考する必要があるでしょう。

③どう行動すべきかを常に考えられるか
大企業とベンチャーとの大きな違いは個人の存在感です。任される度合いが高まるということは、個人の裁量権も増すということになります。ある意味、それがベンチャーで働く最大のヤリガイとも言えるかもしれませんが…。これは裏を返せば主体的行動で結果を残さなければならないということであり、どう行動すべきかを常に考えることが必要となります。

rootsvision
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る