やりたい仕事へのチャレンジ

女性が転職で失敗しないための3つの心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職が上手くいった人とそうでない人の違いはどこにあるのか?
転職に成功した事例を見ていくと、どうやら転職に対する考え方の違いが大きいようです。ここでは転職成功のための心得について解説していきたいと思います。

ライフ・キャリアプランを設計せよ

働く女性にとって、結婚・出産・育児などプライベートの変化は仕事に大きな影響を及ぼします。将来のキャリアについて考える時、常に様々な状況変化を想定しておく必要があると言えます。一般的に転職成功の秘訣は明確なキャリアプランの設計がカギと言われますが、女性の場合は長期的なキャリアプランを考えにくいというのが現実です。しかし、プライベートの変化によりキャリアを諦めてしまうのはあまりにもったいないと思います。どれだけプライベートが変化しようとも、常に変化を想定した柔軟なライフ・キャリアプラン設計をしておくことで、転職に対し前向きになれるのではないでしょうか。現在は独身で結婚の予定もなく、キャリアのことだけを考えたいという方でも、数年後にどうなるかはわからないもの。人生は変化していくものという考え方でライフ・キャリアプランを設計しておくことが大切です。

市場価値を知り、キャリアの棚卸しを心掛ける

自分の強みとは何か?自分にできることは何か?
この2つのポイントを知らずして転職成功はありえません。転職市場において自分にどれだけの価値があるかを知るためには、転職エージェントなどからの客観的な評価や診断テストなどを有効に活用するのがよいでしょう。過去の経験などから適性を探る時に必要なのがキャリアの棚卸しです。「営業として実績を残し、営業力には自信があるから次も営業職」という考え方では不十分です。営業として実績が残せた要因を深く掘り下げて分析し、自分の強みを把握するのがキャリアの棚卸しです。コミュニケーションスキル、課題解決力、リーダーシップなど「自分の具体的な強みは何か」を的確に把握できれば、営業以外にもっと強みを生かせる仕事があるかもしれません。言い換えれば、的確な自己分析が重要ということになります。

安易な妥協をしない

転職成功のためには焦りは禁物。職場に馴染めない、仕事が自分に合わないなどのネガティブな要因から転職を急ぐと、とにかく転職することが目的となってしまい、転職後のことがおろそかになる恐れがあります。仮に希望とは異なる職種での採用ですが、給与その他の条件は悪くないとしましょう。給与がいいからという理由で妥協してしまうと「本来やりたかったこととは違う仕事のため、十分な力を発揮できない」ということになる可能性もあります。転職の際には条件の優先順位を決め、「妥協してもよいところ」と「妥協してはいけないところ」を明確にするべきです。企業の知名度や規模などに捉われず、自分の力が十分発揮できて求める条件に合う環境を見つけることにこだわる必要があります。

画像23
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る