人間関係

女性が転職で悩む4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いま転職すべきかどうか迷っているという女性の方へ。出産・育児など、女性が働く上でクリアしなければならない課題はたくさんあります。今はキャリアのことだけを考えたいという方でも、いつプライベートに劇的な変化が起こるかわかりません。厳しいと言われる女性転職において、いま考えておくべきことのいくつかについてお話ししたいと思います。

女性転職は30歳が限界?

転職市場における人材ニーズを見ると25歳から28歳前後までの需要が最も高く、男女とも30歳を迎えると求人ニーズは激減していきます。また30歳を過ぎると採用要件も厳しくなり、市場価値の高い人材でなければ転職成功は難しくなっていきます。女性の場合、出産・育児によりフルタイムでの勤務が難しくなることもあり、転職はさらに厳しくなるのが現状です。

企業側の本音として、どんなにスキルが高くても女性は採用しづらいという懸念があります。育児支援制度の充実など女性活用の文化が定着・浸透している企業はまだまだ少ないのが現実であり、キャリアチェンジや雇用形態の変更など転職を柔軟に考えていかなければならないようです。

本当に転職するのがベストなのか?

育児や介護など家庭の事情を考慮しながら働かなければならない場合、勤務時間や休暇など細かい条件が揃わないと厳しくなります。すべての条件を満たしての転職という可能性は実際のところかなり低く、ある程度の妥協をせざるを得ないのが現状です。
「家庭と仕事の両立のために転職したけれど、転職して後悔した」
こういう方は少なくありません。仮に新卒入社である程度のキャリアを積んできた会社であるなら、転職先と新たに条件交渉をするよりも、現在の勤務先との交渉を粘り強く行うほうがよい場合もあります。仕事そのものには不満や問題はなくあくまで働き方の問題であれば、雇用形態の変更など交渉の余地はあるはずであり、すぐに転職の方向へ動くよりは、現勤務先との交渉を十分に行ってから次のステップを考えていくほうがよいでしょう。

実際に転職活動を始めて直面する問題

初めて転職活動を行った女性がどのような問題に直面したかと言えば、もっとも多いのが希望する仕事がなかなか見つからないというもの。特に管理職経験者が相当のポストでの転職を希望する場合や、一定以上の収入を条件とする場合、求人数は極端に少ないのが現状です。また、家庭との両立を前提とした場合も、転職可能な職場は少なくなります。これだけを見ても、女性が転職を成功させるためには困難が多いことがおわかりいただけると思います。

では女性が転職を成功させるに何が必要なのか?

第一にキャリアの棚卸しを行い自分の強みを具体的に把握した上で、経験・スキルにとらわれ過ぎないキャリア構築を目指すこと。第二に働き方を限定せず、多様な働き方を考えること。そして、妥協してはいけないところと妥協してもよいところを明確にしておくことです。ライフ・キャリアプランは常に変化していくものであることを認識し、変化に対応した柔軟な考え方で転職に臨んで欲しいと思います。

画像25
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る