やりたい仕事へのチャレンジ

嫁ブロックを解決する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転職はしたいけれど、妻が許してくれないから無理。いわゆる嫁ブロックで転職・独立を諦める人が少なくないと聞きます。
できれば夢を諦めたくはないという方へ。嫁ブロックの解決法を考えてみたいと思います。

嫁ブロックは転職を阻む最大の障害

「妻が反対しておりまして……」

近年、嫁の反対により転職、独立などのキャリアチェンジを諦めるというケースが少なくないようです。いわゆる「嫁ブロック」と言われるものです。妻が夫の転職・独立に拒否反応を示す最大の理由は「お金に対する不安」妻が専業主婦の場合、夫の収入こそが頼りとなるためさらに抵抗は激しくなるようです。

「子どもが生まれたのを機に、より条件のよい会社への転職を目指そうと思い妻に相談したところ猛反対に遭い諦めた」

「転職して収入が増える」と言っても反対するのが嫁なのです。つまり生活に対し何らかの不満はあったとしても、現状維持こそ安心と考えるのが嫁なのです。それならば独立して仲間とベンチャーを立ち上げる、一念発起してラーメン屋を始めるなど、成功の保証もないチャレンジを許すなど尚更あり得ないと言えるでしょう。

妻は夫のキャリアをどう考えている?

仕事のことやキャリア観などについて、日頃から奥さんと話しているという人がどれだけいるでしょうか?
出会った頃を思い出してもらえれば、かつてはお互いの夢などについて語りあったこともあるでしょう。共働き夫婦であれば、ある程度仕事について共通の理解があると思われます。しかし妻が専業主婦の場合、定年を迎えるその日まで安定した収入を稼いでくれさえすればよいというのが妻の本音かもしれません。

あえてリスクを冒す必要はないと。

そう考えると、家族としての将来設計において「夫のキャリア」について共通理解が必要と言えるかもしれません。

嫁ブロックを突破するには「話し合い」しかない

結論から言えば、嫁ブロックを解決するには話し合うしかありません。ただしそれは説得が目的ではありません。時間をかけて両者の価値観のすり合わせをすることです。人生を共にするパート―ナーである以上、お互いに尊重し合うことが何より大事ですから。

妻はパートナーであり、敵ではありません。家族を守りたいという思いがあるだけで、価値観の共有さえあれば最大の理解者であることに間違いありません。

「家族のためにキャリアを捨てた」

そんな風に考えることになったらナンセンス。日頃から夫婦間で将来設計について共通の認識を持つことを心掛け、お互いの価値観をすり合わせておくことが何よりも大事なのではないでしょうか。

「今更遅いかも」という方も、時間をかけて話し合うことです。

それは家族だからできることです。

rootsvision
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る