仕事を探す

広告宣伝とはどんな職業か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは「広告宣伝」という職業について、どのようなイメージを持っていますか?「CMや広告ポスターを作る」「マスメディアと通じている華やかな職業」というイメージを持っている方は多いでしょう。 しかし、実際の広告宣伝について詳しくご存じの方は少ないと思います。今回は広告宣伝という職業についてご説明します。

広告宣伝とはどんな職業か?

「広告宣伝」の仕事内容は、その名のとおりで広告を作り、世の中に宣伝をして情報を発信することです。広告の依頼を請け負い、その企業のサービスや商品について理解を深めます。そしてそのサービスや商品の良いところやより知ってほしいことを見極め、顧客のニーズに合わせた宣伝をするのです。

広告宣伝はとても企業の利益に関わる大きな責任があります。とても素晴らしい商品や画期的なサービスがあるとします。しかし、その素晴らしい商品や画期的なサービスがあっても、世間に知れ渡っていなければ誰も商品を買ったりサービスを受けたりすることは出来ません。知られていないことには、企業にも大きな利益を生むことは出来ません。世間に知られて初めてその商品やサービスは提供出来るのです。

具体的な広告宣伝の仕事の内容

宣伝をするための媒体は様々です。1番周知されやすいのは、テレビで見かけるCMです。テレビは公共の電波を使い、全国に商品やサービスを周知させることが出来ます。そのためには、いかにして相手に商品やサービスを魅力的に伝えるかが重要になります。
今では情報化社会は進み、インターネット上で世界中に向けて手軽に情報発信をすることが出来ます。大企業ともなれば、必ず自社のホームページがあります。グローバルに宣伝をするためにも、日本語だけではなく英語や中国語で作られたホームページも作成出来なければなりません。

その他、世の中は宣伝に溢れています。駅の構内や電車の中の中吊りも広告の1つですし、新聞の折り込みチラシもそうです。あらゆる宣伝方法が世の中には溢れています。こうした宣伝の中でも印象に残るような広告を作ることが、広告宣伝を職業とする人の重要課題です。

広告宣伝をするための重要なこと

広告宣伝をするためには、顧客のニーズに答えるためのコミュニケーション能力と情報収集能力が必要です。「その商品やサービスの売りは何なのか?」「世の中の流行や動向に合っているか?」など、世の中の空気を読むことも大切です。

どんなに素晴らしい商品でも、画期的なサービスであっても、まずはその良さを広告を発信する側が理解していなければなりません。商品やサービスを理解し、その真意を探る能力が必要です。

広告宣伝をしても、印象に残らなければ意味がありません。「どうすれば印象に残る宣伝を作れるのか?」「どこで広告を出すのか?」「何を伝えたいのかを明確にするにはどうしたら良いか?」を常に試行錯誤します。広告を見る人の立場になり、その商品やサービスに合った伝え方をしなければなりません。しかも、たくさんの広告の中から抜きんでて目立つ必要がありますので、常に新しい広告のアイディアを生み出す発想力と根気がいります。広告宣伝という職業を仕事にするのであれば、流行を常に意識していきましょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る