スキルアップ

広報とは 仕事内容と必要なスキル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは「広報」の仕事をどのように捉えていますか?広報といえば、商品や仕事を世間に宣伝する仕儀とだとお考えの方も多いでしょう。確かにそれもありますが、広報の仕事は多岐に及びます。いったい広報がどんな仕事なのかをご説明致します。

広報とはどんな職業か?

「広報」とは、簡単に一言で言うと「情報を発信する」仕事です。広報の仕事は大きく分けて、2つになります。1つは「社外向けの広報活動」、もう1つは「社内向けの広報活動」です。社外に向けた広報活動は、テレビ番組やラジオ番組、情報雑誌、新聞やホームページなどの公の場を利用して自社の商品やサービスを伝えることです。社外向けの広報活動では自社の情報を発信することで自社に良い印象を世間に持ってもらい、それを利益に繋げるという目的があります。宣伝をしなければ誰にも自社のサービスや商品を理解してもらえないので、とても重要な役割を担う仕事なのです。

社内向けの広報活動では、社員に向けて経営方針や部署の説明と動向、売り上げなどの業績を的確に伝えることです。社員に自社の情報を伝えて理解させることで、社員の仕事をスムーズにします。また、自社への誇りを持たせることで、仕事に愛着を持ってもらうことが目的の1つです。

広報に向いている人、向いていない人

広報という仕事は、「会社の顔」になるものです。自社を正確に適切に、そして世間に良いイメージを持ってもらうという使命があります。そのためには、自社に対して強い誇りと愛着がある人が向いているでしょう。「自社の良いところをたくさんの人に知ってほしい」「自社をもっと世の中に広めたい」という向上心や使命感を持つ人が広報に抜擢される傾向にあります。

また、自社だけではなく、他の会社や世間の動向に敏感でなければなりません。ライバルの会社の動向や今世間で流行しているものや出来事を知り、その波に上手く乗る必要があります。情報を集めることが苦ではない、流行に敏感な人に広報の仕事は向いています。

広報に向いていない人は、伝えるための技術が乏しい人です。情報をわかりやすく正確に伝えるための技術が伴わなければ、自社に良いイメージを持ってもらえません。常に情報収集を行い、世の中に関心の目を向けられる人でなければなりません。また、自社にトラブルが起きたとき、顧客からのクレームに対応をしなければならないこともあります。広報を通じて謝罪をする必要がありますので、世間の目に晒される度胸がないといけません。

広報の仕事をするためには?

マスコミ業界は情報を発信することに長けています。マスコミ業界で働くこと自体が広報の仕事と言える部分があります。自社の商品やサービスを世間に伝えたい場合はその会社に就職しましょう。自社の経営理念や商品、サービスについて良く知っておく必要があります。人事に相談し、自分が広報に向いているスキルを持っていることを相談してください。

広告会社で働くことで、情報を発信する力が養われます。広告会社では自社以外に他社の宣伝も兼ねますので、他社のことも徹底して調べる情報収集能力が必要です。取材する力を強化しましょう。

広報の平均年収

平均年収目安は、566万円 です。
ご紹介している平均年収は、全年齢を対象にした平均値の目安年収(30代前半程度の年収帯)です。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る