医療・福祉のスキルアップ

忙しい仕事の合間を縫って勉強する時のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の勉強方法が間違っていたり、全く意味のない努力を繰り返している人がいます。一生懸命努力しているのになかなか結果が出ない人が見落としがちな勉強方法について詳しく解説していきます。

仕事に関する勉強を行う時は費用対効果と必要な時期を見極めろ

社会人になると学生時代と異なり、勉強する時間がかなり減っていきます。また仕事の勉強と学校の勉強とは、180度違っていると言って良いでしょう。学校の勉強は学んだことを暗記することが中心であるのに対し、仕事の勉強は実践が中心となってくるのです。したがって勉強を始める際には覚えたことをどのように仕事で応用し、成果を上げるかという視点が不可欠になってくるのです。逆に言えば、仕事で役に立ちそうにないことは無駄になると判断して勉強をしないという選択も必要になってきます。

よくお金を投資する時に「費用対効果」という言葉を聞きます。これは投資した費用に対して、どれだけの結果を得られたかを表す指標のことです。この費用対効果が高ければ高いほど、良い投資案件ということになります。勉強を行うときにも投資を行うのと同様の視点を持つべきです。投資する「勉強時間」に対して、どれだけ「仕事の成果」につながってくるかを知っておく必要があるのです。やみくもに勉強して努力しても、仕事の成果が上がらなかれば意味がありません。雑学の知識が増えたのと同じことになってしまうのです。もちろん勉強した結果がすぐに出ないこともありますので、勉強後にある程度の期間が経ってから効果を測定することをオススメします。年に数回しか行われない資格試験の勉強であれば、試験結果が出るまでが効果の測定期間となります。

ビジネスマンは学生と違って勉強できる時間が非常に少ないため、時間を有効に使うのは必須となります。よって、「いつか使うかもしれない」知識を仕入れている余裕はありません。「今すぐ必要」な知識に絞って勉強する必要性があるのです。たとえば、「1年後に使うかもしれない」知識は今すぐ勉強しなくて良いことになります。今勉強しておいても1年経った時には忘れてしまっているので直前に再び勉強することになり、最初の勉強時間が無駄になります。必要な知識はできるだけ直前に勉強するのが大事です。

「80対20の法則」と「パーキンソンの法則」をマスターして勉強する

勉強の教材を選ぶ時のポイントは「80対20の法則」を適用することです。どんな教材であっても書いてある内容の「全てが大事」ということはありません。大事なコンセプトやアイデアは教材の20%しかないという法則を覚えておきましょう。残りの80%は今の自分に必要のない内容なのです。ビジネス書や資料を読み込む時でも全てに目を通すのではなく、あらかじめ概要や目次を読んで欲しい情報が書いてありそうな場所に当たりをつけます。そして読むべき部分を絞り込んだ後に、じっくりと腰を据えて読み始めるのです。よく見かけるのはビジネス本を「初めから最後まで完読する」という過ちです。大事な2割に絞ってから本を読んでいれば完読するということはありえません。最後まで本を読むと達成感はありますが、時間ばかりかかって内容はほとんど覚えていないという結果に陥ります。本のコンセプトをつかむのが目的であれば「はじめに」と「目次」と「あとがき」さえ読めば十分です。本の立ち読み程度で十分なのです。

もう一つ勉強する上で大事なのが「パーキンソンの法則」です。これは「仕事の時間は割り当てた量に比例して増加する」という法則です。これはタスクに対して一週間の期限を与えれば完成までに一週間かかり、3日の期限を与えれば3日で完成するということを意味します。もちろん直感的に考えれば時間をかければ勉強の質は上がります。ただし短い時間で素早く新しい知識を身に付けたいのであれば、できるだけ勉強の期限は短く設定した方が効率は上がります。ビジネス書を一冊読むのであれば「制限時間は30分」と決めて読むことをオススメします。そうすることで細かい部分を読んでいる暇がなくなり、必然的に図解や太字で書かれている部分のみをサッと読まざるを得なくなります。目の動かし方を工夫して斜め読みすれば読書スピードは3倍程度に上げることも可能です。気になる方は速読セミナーなどに挑戦してみると良いでしょう。

勉強する時の最大の難関はアウトプットの仕方

いわゆるインプットである勉強は簡単です。本を読んだり講演会やセミナーなどで話を聞いているだけでいいのですから受身でも通用します。しかし多くの人が躓くのがアウトプットです。聞いたことや学んだことをメモやノートに体系的にまとめて発表している人もいますが、これだけでは十分ではないのです。まず第一の問題は、メモやノートに書いた内容が大量になってしまい消化しきれないという点があります。脳が一度に処理できる量には限界があります。あまりにたくさんの内容を一度に学んだとしてもすぐに忘れてしまいます。

最初の段階として、新しく学んだことを記憶する必要があるのです。そのためにオススメできるのが「マインドマップ」です。マインドマップは関連するキーワードをひたすらつなげていく作業です。こうすることによって、記憶を強化する働きがあります。人によってはカラフルなペンを使うことによって視覚的に記憶しようとする人もいます。ノートが1枚あればすぐに書けるので、新しいことを学んだらまずはマインドマップを作ると良いでしょう。

次に必要なのが実践です。当たり前のことですが、勉強した知識は実践して初めて価値が生じます。よって学んだ知識をすぐに実行できるように「To-doリスト」を作成することが大切です。「To-doリスト」は多くなりすぎると行動が取りづらくなってしまうため、1つのTo-doが10分以内に完了するようにすることを勧めます。成功者と呼ばれている人たちはこの「行動スピード」がずば抜けています。彼らのように成功者の仲間入りをしたいのであれば、必ずTo-doリストを作成し行動に移すようにしましょう。

c7a1d6252add1fc14b6ab7056ce7dfa048
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています。


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る