スキルアップ

日々の仕事を頑張るための3要素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期~長期的なプライベートでの楽しみを見つけることで普段の仕事にもメリハリがでてきます。仕事自体も自分が得られる経験や目標を設定することで頑張る必要性が確保できます

仕事を頑張るには短期、中期、長期的な楽しみを見つける

多少体が辛くても気分じゃなくても寝不足でも行かなければいけない仕事ですが、頑張るためには仕事の必要性を自分の中で確率させる必要があります。これは仕事をしたから○○ができるといったもので長期、中期、短期的なものに分かれます。
まず長期的なものでこれは数ヶ月単位になり、例えば好きなアーティストのライブや旅行などで多少なりともお金と時間を必要とするものになります。できる時間がごく限られたものになりますので楽しみを倍増させることができます。また、一人ではなく友達や同僚といった仲間と行くようにすれば予定の話で盛り上がれることでしょう。

次に中期的なものですがこれは週単位ものになります。
旅行と言うほどではないがちょっとしたおでかけであったり服を見たりといったものになります。こういった楽しみな予定を毎週末に組み込むことで週末を楽しみに頑張ることが可能です。最後に短期的なもので、これは日々のビールといったささやかな、でも自分にとっては大切な楽しみになります。こういった小さな楽しみから大きなものまでを多くもつことで普段の仕事とのメリハリができてより楽しむことができます。

そして「○○は普段頑張っている自分へのご褒美」と併せて「○○ができるのは仕事を普段頑張っているから」と意識して口に出してみるとことでより仕事の必然性ができますので辛くても頑張る原動力となってくれるでしょう。

仕事を頑張るには仕事で得られるプラス要素を探す

プライベートでの楽しみを見つけることは大切ですが仕事がつまらないままですとやはり辛いものです。ですので仕事での頑張るための要素を見つけていく作業も大切です。今の仕事で得られる経験というものは貴重でもしかしたら他ではできないものかもしれません、そういったものを改めて認識することで仕事を頑張る力となる可能性があります。

例えば営業ですと人と話す能力が身につきます、自社の商品を売り込むためのプレゼン力であったり、相手の意見や要望を聞くための話を聞く力、また、飲み会や仲間と話す機会も増えますので単純な会話力であったりと様々です。また、事務ですと細かい作業やキッチリした結果を求められますのでそういった能力が身につきます。もしかしたら長い資料の中での一つのミスを見つけられるかもしれません。

こういった経験をしているといないとでは大きく違いますのでもしかしたら仕事以外の場で役立つ機会があるかもしれません。仲間内でいつもの飲み会をしていても中心にいるのは営業をやっている人かもしれません、遊びでも計画を立てたのが事務をやった経験から得意になっているかもしれません。仕事をしていると単純にマナーや人付き合いといった基本的な事柄を身につける必要があります。

経験や知識以外でもふとしたことで仕事をしていたからこそのプラス要素が必ず身についていますのでそういった部分に目を向ける努力ができるとまた違った見方ができるかもしれません。

仕事を頑張るには実現したい夢をもつ

「将来○○の仕事につきたい」「いつか起業してみたい」「マイホームをもちたい」といった夢をもつことも大切です。これは長期的な楽しみにもつながりますが将来の目標が決まっている場合、その目標に必要な要素を自分で達成していくことになります。例えばいつか起業することが目標の場合はそのために必要な知識や経験であったり人脈であったりととにかくキャリアアップに努めます。それは早ければ早いほどいいでしょうからそのための努力は苦ではなくなるでしょう。

また、マイホームが目標である場合は買うだけならばローンを組めばいいだけですが、やはり早めの完済ができればいいでしょう、ですのでそのために頑張って昇給を目指すといったことに繋がります。こういった達成したい目標を設定することで普段の仕事もまた違った見え方をすることでしょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る