スキルアップ

未経験の職種に転職すること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

未経験の職種に転職する場合のメリット・デメリットとは?どうしても未経験職種にチャレンジしたい場合の注意点とは?今回は未経験職種への転職のメリット・デメリットと未経験職種へのチャレンジに関する注意点をまとめました。

未経験の職種に転職するメリット デメリットとは

未経験の職種に転職をしたい、と考えている方も多いのではないでしょうか。いまの職種が自分に向いていないのではないか、と思い、以前から好きだった仕事、憧れていた仕事に就きたい、と考えて、転職活動を始める方も少なくありません。

しかし、未経験の職種に転職をするのには、メリットばかりではありません。中にはデメリットも存在します。このため、メリットとデメリット、どちらにも目を向けておくことが大切です。

たとえば、未経験の職種に転職することで、自己実現が出来る可能性もありますし、今まで以上に給与アップが可能となることもあります。また、新たな自分のやりがいと言うものを見つけることができ、自分の目標や生きがいを見つけることができるケースもあります。

また、今までよりもキャリアアップを目指すことができる可能性もあります。未経験の職種で一から始めることで、今までのストレスなどはなくなり、また新たなスタートを切ることも可能です。しかし、その反面デメリットもあります。

未経験の転職では、採用が厳しいことも

未経験の職種の転職活動の場合、今までの経歴などが役立たないことが多く、転職活動でも苦労をするケースもあります。なかなか採用してもらえないというケースもありますし、また正社員での採用は厳しい、ということもあります。いま日本では、不況となり、中途採用者には経験が求められている傾向があります。こういった中で、未経験者が転職をするのは、非常に難しい面もあるといえるでしょう。

このため、未経験者が転職活動を成功させるには努力が必要です。

また、未経験の職種に採用されたからと言って、それが上手くいくとは限りません。たとえば、自分が思っていたような仕事内容ではなかったり、実際にやってみると泥臭い仕事で、こんなはずじゃなかった…と転職失敗となってしまうケースもあります。

また、未経験の職種に採用されたは良いものの、以前の仕事よりも給与が下がってしまったり、労働条件が今よりも悪くなってしまう、と言うケースもあります。このようにデメリットもありますので、未経験の転職には慎重にならなければいけない面もあるといえるでしょう。

どうしてもチャレンジをしたいなら

しかし、未経験の職種で転職をしたい、チャレンジをしてみたい、と言う方もいらっしゃるでしょう。しかし、年齢が若く、まだまだこれからキャリアを積んでいきたい、という目標があるのであれば、未経験の職種にも思い切ってチャレンジしてみても良いといえるでしょう。新しい職種に就くことで、自分に向いている仕事が見つかるケースがあります。

しかし、未経験の職種に就職するためには、まずは情報収集をしておくことが大切です。転職後にギャップを感じないためにも、あらかじめ、やりたいと思っている憧れの職種についての現状や、また裏事情などもしっかりと調べておきましょう。実際に、その業界や職種で働いている人に、直接話を聞いてみるなどもしてみましょう。あらかじめ調べておくことで、転職後のギャップなどをなくすことができますし、覚悟を決めることができます。いずれにしても、あこがれの仕事と言うのも、実際にやってみると、泥臭い部分があったり、大変な部分があったりするものであり、それをどこまで妥協することができるのか、ということも大切です。

未経験の職種に転職する場合には、まずは情報収集をして、自分が本当にやりたい仕事内容なのかどうか、ということをしっかりと考えることも大切ですし、自己分析なども大切です。また、その後の目標などもしっかりと考えておくようにしましょう。

RV_profile画像
Roots&Vision編集 (30代前半がメイン)
経歴:

仕事でのモヤモヤや将来への不安がある時、自分にあったロールモデルを探すお手伝いをさせて頂いています。ココロに向き合い想いをカタチにを合言葉に、皆様のキャリアチェンジを応援しています


充実度

充実度: 0点

業務上で成長実感やマンネリを引き起こす要因である6軸18項目を点数化した数値です。
インタビューイー様のキャリアの分岐点で、
その選択がどのような心理的な変化を産んだのかを点数化しております。

メッセージを送る

このインタビュー記事についてご意見、ご感想などありましたら、
ぜひメッセージをお送りください。

メッセージを送る